羽衣学園中学高等学校へ行ってきました

13日(金)は羽衣学園中学高等学校の説明会に参加しました。

 

ずっと校舎内で説明会が行われていたのですが、今回はホテルの宴会スペースを借りての説明会でした。

 

高校は、南海本線沿いの受験生にとって、最大級の志望校です。

 

南海電車で急行停車、駅から徒歩5分~8分。と通学が便利。

 

共学で校舎も新しい。

 

大学も併設。

 

部活も盛ん。

 

以前は女子高で、お母さん世代の卒業生多数。

 

いろんな理由があるのでしょう。

 

毎年、近隣の佐野中からの受験者数は単一中学では最多人数です。

 

 【受験コースは3つです。】

 

文理特進Ⅰ類⇒難関国公立私立文系理系・私立文系理系を目指すコース

 

文理特進Ⅱ類⇒関関同立をはじめとする関西難関私立、有名私立大学を目指すコース

 

進学コース⇒有名私立大を中心に幅広い進路に対応しています。

 

これらのコースに2年生の時にコースを変更することも可能です。

 

オンライン英会話の施設も充実し、ICTの環境もばっちりです。

ICT実装の旗振り役でもあったので、実践的に授業で活用する力は府内でもトップクラスです。

 

そして、大量の生徒が利用できる自習室。

生徒のニーズに合わせると、どんどん大きくなったいったようです。

 

休日も開放されています。

テスト前、夏期や冬期休暇、大学受験前など満席状態になるようです。

 

【今年度は過去最高の合格実績!】

大阪大学医学部に合格

Ⅱ類から始めて国公立大学に入学

私大受験が難化している昨今で関関同立合格が50名突破

産近甲龍・摂神追桃の合格実績もアップです。

 

【国際化にも力を!】

オンライン英会話・セブ島への語学研修、留学生の受け入れ。

台湾の大学と広大連携協定を締結しており、台湾進学へ向けて華語の講座も開設しています。

 

 

【学校生活は?】

 

大阪南部エリアでは某府立高校が全国的に有名ですが、羽衣学園高校のダンス部も全国大会へ出場連続しています。ダンス強豪校です。

 

 

男子テニス部インターハイ出場、水泳部も出場しました。

他にも、ソフトテニス部、男女ホッケー部・体操部なども近畿大会へ出場しています。

 

創部間もない野球部の監督は甲子園出場回数多数の名監督。

選手集めをしないで、野球部を強くするため部員をひとりひとり見ながら育てているようです。

 

 女子高時代から強い競技に加え、共学になってできたサッカー部など男子向け人気クラブが増えています。

【受験が変わる。】

 

来年の入試内容が少し変わります。

 

英語にリスニングテストが加わります。

 

府立高校の入試イメージです。

 

そして、英検の資格がテストに反映されます。

 

これは、英検を頑張っていた人には朗報ですね!

 

英検2級で100点換算、準2級で80点換算です。

 

府立高校入試では準2級は入試得点換算の対象外なのでこれは励みになりますね!