大阪偕星学園高校へ行ってきました。

大阪偕星学園高校は、知る人ぞ知る学校です。

ハンドボールは昔からインターハイ・近畿大会常連校で有名です。

野球部は第97回(4年前)の甲子園に出場ました。

空手・柔道などの武道も強いです。

バドミントンも強いです。

ちなみに、バドミントン部の顧問は小中学校の同級生なので親近感も強いです。

 

部活だけではありません。

 

この学校のすごいところは、学力再生に長けているところです。

 

中学校の成績がトップクラスの子が受験するといったことは、あまり聞かないです。

 

どちらかというと、中学時代は勉強嫌い、成績もあまりよくない。

そんな子供たちが入学して先生たちとコミュニケーションをとっているうちに精神的にほぐれていきます。

勉強に向かう姿勢が作られてきます。だんだん、言わなくてもやるように変わっていきます。

寄り添いながら勉強嫌いを卒業させるコミュニケーションに長けているようです。

 

結果、中3の実力テストでは200点前後(平均250点)しか取れていない子たちが、指定校推薦でなく公募推薦や一般入試で大学へ合格することができています。

 

今回はホテル会場のため、校舎や設備をお伝えすることはできませんでしたが、詳しくはパンフレットをご確認ください。