学校ワークの進め方中1・中2編

今週はワークのチェック週です。

 

学校のワークがどれくらい進んでいるか?

 

学校よりの先に進んでいる塾生には、各章の終わりや区切りまでを課題にしています。

 

学校と同じ程度のペースの生徒には、学校でどこまで進んでいるかを聞いて、その辺りまでできているかをチェックしています。

 

今日は英語と数学のワークチェック。

 

今日の生徒たちは、印をつけたところまではクリアしています。

 

数学については、これで、間違いのチェックができます。

 

英語については、単語の出来具合をチェックしています。

 

中2であれば不規則変化の過去形、中1は単元に入る前の英単語。

結構見落としがちですが、ここをしっかりやっている子は点数が落ちにくくなっています。

 

勉強の質もですが、習慣だと捉えています。

 

特に中1は小学校から中学校になり、家庭での学習習慣の出来上がっていない子がたくさんいます。

 

「必ず覚えなければいけないものを覚えるまでやる。」といった最近よく言われる、「非認知能力」を身に付けているかどうかがはっきりとわかれるからです。

 

英数のワークを持ってきた子は、理社のワークチェック、のパターンで今週は見ていきます。

 

ワークが済んでいれば、間違いの2回目やり直し→説明できるかチェックと続きます。

 

ほぼ間違いのない子、大丈夫そうな子には、塾内テキストやプリントのタイムトライアル、ノーヒント解法チェック

 

などを進めます。

 

明日のチェックはどうなるか?

 

楽しみです。