中3 5月6月で最高4つのテストが。

1学期中間テストまで2週間になりました。

 

一部の中学はもう少し早いので、2週間切っています。

 

11学期は計算問題などが中心になりやすいので、どの学年も比較的平均点が高くなりやすいですね。

 

それは、中3も同じです。

 

中3が他の学年と違うところが2つあります。

 

ひとつは、やはり全体が受験モードに変わっています。

 

本格的に目の色が変わるのは2学期からですが、それでも勉強の量自体は全体的に底上げされる感じです。

 

だから、定期テストでいうと、平均点が上がりやすくなります。

 

もう一つは、スケジュールです。

 

中3だけは、1学期に3つから4つの校内テストがあります。中間テスト・期末テスト・大阪府チャレンジテスト、そして6月に第一回目の実力テストが行われる学校が大半です。

 

中間・期末はテスト範囲が現在履修範囲とほぼ同じになります。

 

これが1学期の評定の基準なります。

 

そして大阪府チャレンジテストは、内申点を左右する評定に影響を及ぼす場合がたまにあります。

 

点数の幅が広く先生の評定を大きく覆すことはないですが、評定に比べテスト結果が高い場合は評定アップになります。

 

逆の場合は下がります。

 

実力テストは、履修範囲だけでなく、1・2年の復習問題や複合問題が出るため、格段に難易度が上がります。

 

結果、平均点は下がります。

 

間に修学旅行なども入ってくるため、スケジュールをうまく調節できる力がないと、勉強に偏りが出てしまい、思った結果を出せなくなることがあります。

 

今年はG20もあるので、なおさらですね。

 

塾内では、GW前に行った「平成最後の特別授業」で2種類の勉強をうまく進めていくためのレクチャーを行いました。

 

これを、マメに見ていきながら、軌道修正を適時入れて進めていきます。

 

ということで、中3の皆さんは1学期をうまく乗り越えてくださいね。