始業式、一番注意すべき点とは?

昨日が始業式ですね。

 

公立小中学校では、今日が離任式でした。

学校を離れる先生、新任で、学校に来られる先生たち

のあいさつがありました。

転任の先生はたいてい離任優先なので、違うタイミングですね。

 

さて、始業式。ワクワクドキドキです。

 

中には春休みゆっくりしていたので、「学校始まるのうっとうしぃ」とはぼやいている子どももいますが...(笑)

 

まぁ、ほとんどの場合は、半分シャレで言っている感じです。

 

そんな様子を見ながら、保護者の皆さんがおうちで最も注意して欲しい点があります。

 

それは、子どもの様子です。

 

1学期の始業式は、クラス替えの日です。初めて1年間一緒に過ごすことになるクラスメイトとの顔合わせです。

 

いろんな性格、いろんな子供がいるので、誰とでも仲良くなれる子、仲いい子たちのグループで自分だけポツリと違うクラスになってしまった子、色々いると思います。

 

勉強ができるできない、わかりやすいわかりにくいなどの前に、最も大切なことは、クラス・教室がその子にとって、安心できる快適な空間になるかどうかです。

 

「仲いい子いた?」「新しい友達は増えそう?」といった内容の話を振ってみて、反応を見ておいてください。

 

顔が曇っているか、明るいか。

 

数日間は変化(明るい⇒曇り顔、曇り顔⇒明るい気配)に敏感になっていてくださいね。