一生に一度の経験

たぶん、今日はこのお話がそこら中で起きているんでしょう。

 

今日のお昼に、官房長官による新元号の発表、総理による説明がありました。

 

改元の発表を見るのは、平成の発表のあった30年前。

 

当時の小渕官房長官が「平成のおじさん」と有名になったのは有名なお話です。

 

以前は昭和天皇崩御により、現天皇陛下の即位に伴う改元でした。

 

今回は、ご存命のままの皇位継承です。この史実に出くわすのは本当に珍しいことです。

 

歴史的瞬間に出くわしたと言ってもいいでしょう。

 

このパターンの改元に出くわすのはもうないでしょう。

 

新元号に慣れるには、もう少し時間がかかるかな?

 

数日後に、平成最後の入学式があり、始業式があります。終業式の頃には「令和」の時代。

 

もうしばらく、「平成」の余韻に浸ります。