倍率ドン!

今日の新聞に、大阪府立高校の高校別受験倍率が載っていました。

 

1.5倍を超える高倍率の高校もあります。

 

人気コースのある高校は、コース別にみると2.5倍を超える高校もあります。

 

倍率が1倍を切っている高校もあります。

 

今週に入って、受験生と話をしていました。

 

丁度中間発表が出た火曜日の話です。

 

「倍率、新聞に出ててたけれど、家か学校で見た?」

 

「見た。まだ増えるかなぁ?」

 

「まぁ、今日が最後やけど、最終日に願書出す学校は少ないから、ほとんど変わらないで。あっても、0.0いくつやなぁ。」

 

「倍率ってやっぱり気になる?」

 

「なります。」

 

「そらそやわなぁ。」

 

「高い方がいい?」

 

「いや、高すぎるのはいやや。」

 

「そらそやわなぁ。高ければ難易度上がるってことやもんなぁ。」

 

「じゃあ、1きっけるのは?」

 

「それも、なんかいやや。」

 

「入れないことはない1倍切った状態は、せっかく頑張ってきた気持ちの張りがなくなるようで、高すぎると何となくリスクが大きくなりそうで...。」というのが本音でしょう。

 

でも、どこの誰が何院受験するかなんて、蓋開けるまでわからないわけです。

 

だから、「そんなことは気にする必要はない。」ということです。

 

だってコントロールできないですものね。

 

それより、自分でコントロールできること、例えば英単語を一つでも多く憶えるなど、

 

最後まで、しっかりやり抜くことに全力を傾けましょう!