あきらめずに考えたら方法は生まれる話

昨日ですが、卒塾生で現在高3、受験生のお母さんから連絡がありました。

 

「センター後に志望校を変えたので、過去問が売ってないし、アマゾンにもないんです。」

 

という話。

 

土曜日に、その卒塾生のお兄ちゃんと飲みに行ったので、その時に少し聞いていたのですが...

 

やっぱりなかったようでした。

 

アマゾンにもないし、セブンアイもない。近くの書店にも大型書店にもない。

 

高校入試本の教材会社なら、お付き合いがあるので問い合わせることもできるのですが、、、

 

困った。というか、中古市場で2018年なら少し高値でも取引可能なんでしょうが、

 

気持ち的には、最新版がほしいわなぁ。

 

この辺りの大型店舗は、イオンの中の未来屋書店さん。

 

よく行くので、スマホの中に書籍検索ができるアプリとか入れてます。

 

確認したけど在庫切れ…

 

「ん?」

 

「ン?」

 

「待てよ、彼が死亡しているのか地方国立大学、だとしたら、受験生の半数以上は、その県の受験生、または近隣県。」

 

「よし、そこの店舗を検索してみよう!」

 

ということで、当該エリアの未来屋書店を探してみると・・・

 

「ない。全滅。」

 

「隣の件は?」

 

「ない。全滅」

 

「じゃあ、もう片方の隣の件は?」

 

「在庫僅少」

 

在庫切れのなかに「在庫僅少」を見つけましたよ!

 

「よっしゃー!BINGO!」

 

という感じでした。

 

福岡の未来屋書店八幡東店さん、

 

今日の朝、お母さんが直接電話され、大阪の店舗に送っていただけるようになったそうです。

 

なかなか、そんな面倒な話にすぎに応じてくれないのに

 

お母さんの熱意が通じたのか、素晴らしい神対応!

 

ありがとうございます。

 

これで、しっかり最後に追い込んで!