受験生の心

大学受験はセンターが終わり、自己採点し最終の志望校を決めている段階だと思います。

 

私立大学受験生は願書を出して、まさに最後の追い込み状態ですね。

 

中学受験生は入試の大きな波は終わりましたが、これから受験をする場合は、まさに追い込み状態。

 

高校受験は私立専願・併願、2月の公立受験、3月の公立一般選抜とこれからが佳境です。

 

これは、うちの塾生にいつも言っていることです。

 

受験が不安で不安でたまらなくなる時があります。

 

でもね、不安はどうしてもなくならないもんなんです。

 

合格するための受験勉強にやってもやっても終わりはないから。

 

結局、自分で納得するしかないんです。

 

 

試験の時、緊張するのもそうです。

 

これは動物の戦闘態勢の反応です。

 

だから、戦う姿勢が強ければ強いほど緊張してしまう。

 

 

さて、ここでよく考えて欲しいんです。

 

もし、めちゃくちゃ楽な戦いであなたは不安に襲われたり、緊張したりしますか?

 

例えば、幼稚園児と100M競争をする時、

 

「ひょっとしたら負けるかもしれん。」

 

と不安になりますか?

 

緊張してガチガチになりますか?

 

 

 

例えば、無理な目標に対して、不安になったり、緊張したりしますか?

 

やる気がないので不安も緊張もないはずです。

 

 

そうです。

 

あなたが緊張するのは、挑もうとしているものに本気で取り組んできたからです。

 

不安が拭えないのは本気だからなんです。

 

緊張するのはマジだから、不安なのはマジだから。

 

その熱い気持ちとやってきたことを大切に、今からの受験に向かってください。