中1の塾生と話したこと

月曜の話です。

 

小学校の時から通塾してくれている女子がいます。

 

彼女はとても頑張り屋で、意志も強い子です。

 

定期テストは一度だけ460点台。後は470点台480点台です。

 

基本にとても忠実です。

 

そんな彼女は、学校で先生にテストの順位を聞きました。

 

残念ながら、近隣中学では順位を聞いても教えてくれなくなりました。

 

だから、順位がわからず、それが少し不満です。

 

そんな彼女に話しました。

 

「順位が絶対にわかる方法があるんやけど知りたい?」

小さく頷きます。

 

(ニヤッと笑いながら)「2つあるねんけどな。どっちも知りたい?」

 

ここまで言うとわかったようです。

 

(くすっと笑みを浮かべ)「満点と0点」

 

正解です。

 

5教科500点と0点は絶対に1位か絶対に最下位です。

 

「じゃぁ、満点とろうか?!」

 

驚きも、「むり~」とも言わず、「何言うねん?」という感じでニヤニヤ。

 

絶対に、学年1位になれる。

 

満点プロジェクト始動です。