3学期スタートですね!

今日から3学期がスタートしました。

 

塾に来る生徒たち何人かに、今日の感想を聞くと、

 

「朝起きるのが嫌やった。」

 

「部活とか行ってたし、別に普通。」

 

などなど。

 

「学校が始まってうれしかったよー。」

 

などという言葉は、皆無ですね。

 

別に学校が嫌いなわけでも、行きたくないわけでもなく、大半の小中学生にとっては日常で普通なんでしょうね。

 

始業式に何か特別なイベントがあれば、気持ちも高揚して、とても行きたくなるんでしょう。

 

例えば、ジャニーズが始業式に来る。etc…

 

テレビのサプライズ企画でもないと、そんなことまずないですね。

 

3学期は次の学年とのブリッジになるので、とても大切な時期です。

 

短い期間に重要なこと、この時期しかやらないことがそこそこ埋まっている時期です。

 

濃い時間にしていかないと、効果効率が悪くなってしまいます。

 

 

 

今、よく考えていることにひとつが、「場」づくり、。

 

塾として、「勉強が楽しい」「何か発見できる。」「いたら、ワクワクする。」そんな「場」をどう作っていくか?

 

「友達がいるから。」でも「いい講師がいるから、」でもなく「使ってる教材がいい。」でもない。

 

「なんか知らんけど、一人で勉強してるんやけど、テキストやってるだけなんやけど。」

 

「あれっ?なんか違う。勝手に進んでいくぞ。」といった感覚。

 

「成果を出す。」「保護者に対しても親身になる。」の次にくる

 

「おもろいであそこ。」「落ち着くであそこ。」という感覚を感じられる塾にしたいですね。