定期テスト年間推移20182学期末

久しぶりに定期テストの状況です。

近隣中学の中1の定期テスト平均データです。

 

これは、平均点が高いから学業優秀とか問題が簡単、低いから全体的に問題が難しかったなどを寸評するものではありません。

 

中学1年生の学力の推移を確認するためにっ変化の確認をしています。

 

今年は2学期の中間テストの結果がこの6年の間で一番高くなって、例年のトレンドと違う形になっています。

 

丁度、台風被害で、学校が臨時休校になったり、停電が長期化したりと勉強しにくい環境にあったのになぁ。

そう思っていたので、跳ね上がり方にとても興味があります。

 

テスト範囲が狭まっていた、勉強量の確保が難しかったので、少し難易度を易しめにした。

 

などの原因が何かあったのかな?その証拠に、例年通りに戻っています。

 

やはり、中学校の勉強量や難易度に対し、ばらつきは出ていそうですね。

 

3学期の学年末テストは更に平均点が下がりがちです。

 

そういう意味でも、冬休みにしっかり復習したり、3学期分の予習をして、学習量の貯金をしっかり溜めているほうが成果が上がりそうですね!

 

冬休みの講習、みんな頑張っています!