〇〇ロケット特別編日曜AM10時から

日曜劇場特別編

佐野中ロケット

予告です。

 

10月21日(日)

午前10時スタート

 

ロケットを製作・打ち上げるのは、

どうあがいても阿部寛になれない

塾の先生(苦笑)

 

キャスト:未来の

土屋太鳳さん・未来の竹内涼真さん

 

のような佐野中校区の子どもたち、でお届けする予定です。

 

 

10月21日に佐野中学校で「さのフェスタ」というイベントがあります。

 

ボランティアの方のイベントや手作り教室、校区の各小学校のPTAの皆さんの飲食店などが出店されます。

 

佐野中校区の小学生たちに佐野中学で楽しんでもらいます。

 

体育館では佐野中学吹奏楽部の演奏も行なわれます。

 

その、オープニングを毎年飾るのがモデルロケットの打ち上げです。

 

火薬燃料で打ち上げるモデルロケットは、実際のロケットのミニチュアのような形をしており、100メートルを超える高さまで打ちあがり、逆噴射して、先端部分を切り離し、パラシュートを開きいて降りてきます。

 

昨年は雨天で発射中止になりましたが、2016年の動画で打ちあがるところをご覧ください。

 

今年は雨が降らないことを願っています。

 

 

JAXAでは、10月20日に「みお」、29日には「いぶき2号」打ち上げ予定

 

はやぶさ2・イプシロンロケットのプロジェクトもよくニュースに取り上げられています。

 

JAXAのホームページを見ると宇宙飛行士の募集も出ています。

 

民間のロケット打ち上げが活発になってきています。

 

日本ではホリエモンが北海道でローコストなロケットを製作し、打ち上げ実験を繰り返しています。

 

米国Space X社のロケットでZOZOTOWNの前澤社長は月へ行く予定です。

 

でっかい夢がありますね!!!

 

実は、いろんな大学にロケットのクラブなどの団体があります。

 

近くでは、和歌山大学WPSという学生プロジェクトがあり、ハイブリッドロケットを加太で打ち上げています。

 

和歌山親愛高校にはロケットガールというプロジェクトがあり、ロケットを打ち上げています。

 

他にもロケットプロジェクトは意外とたくさんありますよ!

 

 

モデルロケットがきっかけで、ロケットに興味を持って、進路の標になってくれたらとてもうれしいです。

2016年さのフェスタでの打ち上げ

そして、夜のテレビは下町ロケットに決定!

 

楽しみ~。