語彙読解力検定の締切は10月19日(金)

語彙読解力検定の締め切りが近づいてきました。

 

当教室での実施は11月17日(土)です。(公開会場は18日)

 

塾生以外に受験問い合わせをいただくことも増えています。

 

一番多いのは、就活前の大学生と高校1・2年生。

 

就活での面接を成功するための時事問題などの理解度測定。

 

表面的なことを面接で話してもすぐにメッキは剥げてしましますから、理解して自分の意見を言える準備は大事です。

 

高校生の受験理由は、大学入試の加点対象検定なので、資格を取得しておきたい。

 

AO入試や推薦入試などの論文を書くために語彙力を豊富にしておきたい。

 

テストに出てくる新聞時事ネタの深読みをするための訓練。

 

そういった目的で受験される方が多いです。

 

 

次に多いのが、中学受験を考えている子どもの保護者からの問い合わせ。

 

語彙や新聞時事の読み解き方の訓練したい。

 

「思考力をつけるために語彙力や読解力が大切。」と感じられている保護者の関心が高いようです。

 

中には、「子どもと一緒に」なんてお母さんもいたりします。

 

高校受験でも入試の優遇制度に適応されることもあるので、中学生も受験しますが、こちらは塾生が中心です。

 

保護者的には高校受験よりも国語力を高めて欲しいという理由のウェイトがやや高いですね。

 

エリア別に言うと、幣塾の近く、泉佐野市内在住、岸和田以南、会場のない和歌山市内の人たちも問い合わせ多数です。

 

締切間近なので、受験希望の方、どんどんお問い合わせください。

 

申込はこちらまで