「できる」と「できた」の違い言えますか?

中間テスト直前です。

 

以前間違った問題、自力で解けなかった問題などの再チェックが本当に大切です。

 

塾生たちに確認します。

 

「なぁ、このワークで間違ってた問題、解説見たよなぁ。」

 

「見ました。」

 

「じゃぁ、大丈夫やなぁ。できるな?」

 

「できます。」

 

「そっかぁ。じゃあ、やってみ。(紙を渡す)」

 

ここで、反応は2つ。

 

一つは、スイスイ問題を解いていくパターン。

 

「なんで、こうなるのん?」

 

「○○が△△で□だから...」

 

解説もばっちりです。

 

これが「できた」のパターン。

 

もう一つの反応。

 

紙をにらんでフリーズ状態。

 

少し書き出すが、理解というより、暗記したものを思い起こそうとしている雰囲気。

 

「できる言うたやん。」

 

「いや、昨日はできたんですけど...(汗)」

 

という感じです。

 

これ、「できる」のパターンです。

 

 

運動会シーズンだったので、お父さん・お母さん、こんな経験ありませんか?

 

「こう見えても、小中学校の時は徒競走はクラスで1、2番やったんや。」

 

「よっしゃ!今日のPTAリレーでもいわしたろか!」

 

頭の中は昔の軽快な自分の走る姿。体も軽いし、足の回転が速い。

 

この、昔の記憶が鮮明過ぎて、実際に走っている時の頭の中は、足が高速回転しています。

 

ところが、現実は足が回転していない。おかげでイメージ先行の上半身だけ前のめり。

 

そのうち、足がもつれてバランス崩してダイビング。

 

怪我がなければ幸いです。

 

 

これが「できる」イメージで「できた」ではない場合です。

 

しっかり解説を見たこと事実なら、「できる」イメージが強く残ってます。

 

鮮明な成功イメージが残っていて、「つもり」になっていることに気づかない。

 

うそではありません。

 

だから、

 

「できへんやん。ちゃんと勉強し。」とか言って叱責してはいけません。

 

「つもり」か「できた」かどうかを確かめて、

 

「つもり」の状態だったなら

 

「できた」になるまでもう一度、二度三度やってみればいいのです。

 

彼らの頭は若くて軽快です。