2学期の中間テストを気にしましょう。。

そろそろ、2学期の中間テストを意識しだしましょう。

 

2学期中間テストは各中学によって約1週間のずれがあります。

 

早い学校で2週間前、遅めの学校で3週間前です。

 

「えっ、まだ範囲表もらってないし...。」

 

そう、範囲表は1週間前で部活もテスト休みになっていないので、のんびり・・・

 

という訳にはいかない理由があります。

 

その理由を上げていきます。注意してくださいね。

 

■中間テスト前には学校行事がいっぱい。■

 

体育祭や文化祭の練習で5教科授業が体育に変わる。

 

いつもより居残って文化祭の準備、衣装作成やセリフ憶えなどに時間を費やす。

 

結果、特定の授業の進行が他クラスと比べて恐ろしく短くなってしまい、駆け足授業になる。

 

こんなパターンは例年です。

 

でも、今年は特に危険です。

 

■予期しなかっ台風21号の影響。■

かなりの被害で1週間の臨時休校になった学校もあります。

 

自宅の停電で、3~5日くらい停電していた家庭も多数です。

 

学校でも、家でも勉強できない時間がかなりありました。

 

毎年、どこかの学校・学年で、テスト範囲まで駆け足になる教科があります。

 

今年はテスト範囲が狭くなるか、駆け足授業が多くなるか、学校の先生たちも悩ましいでしょうね。

 

■中3は加えて実力テストがある!■

 

2学期の実力テストは私立高校の受験先を決定するので最も重要なテストです。

 

3月に受験がある公立高校と違い、3学期の評定が不確定のまま入試に突入します。

 

だから2学期の実力テストが中学校の進路指導の目安にされます。

 

決して手を抜けません。

 

範囲の決まった定期テストと、範囲の広い実力テストを同時に勉強する必要があります。

 

提出するワーク類も2種類あります。どちらもこなさないといけません。

 

でも、雑にならないように間違った問題は必ず解きなおしをしてくださいね。