台風が学校行事にもたらす影響

9月4日の11時ごろから夕方17時位までのたった5時間の台風の通過だけで、停電・断水が続き、電柱や家屋に大きな被害をもたらし、小中学校は休校になりました。

 

加えて、9日夜から10日朝型にかけての秋雨前線による多量の雨で、大雨洪水警報が発令され、泉南・泉佐野は小中学校は休校でした。

 

唯一、田尻小中学校だけが警報の中、通常授業の様でした。

 

塾生が通う泉南市の2つの中学校は、結果的にまるまる1週間の休みです。近くの佐野中学は金曜授業でまた今日休み。

 

夏休みを1週間短縮させ、すぐに宿題テストをやっていたからよかったものの、やっていなければ9月の中学校のスケジュールはズタズタでしょうね。

 

文化祭は劇の内容が決まって配役が決まっただけ。体育祭はリレーのメンバーもまだ決まらず、全体練習などは全くできていない。

 

チャレンジテストもまだできず。

 

今日なんて、金曜にチャレンジテストが終わった生徒の横にまだ未受験の生徒がいて、終わった生徒にどんな質問出た?と危うく聞きかけてしまいましたよ。自治体で曜日を変えるにしても、近隣中学のテストは日程調整して欲しいですね。

 

体育祭や文化祭の練習に、授業時間を割いて仕上げていくのが、例年9月の中学あるあるです。

 

そうすると、定期テストの範囲調整がめちゃくちゃ少ないか、めちゃくちゃスピードアップして帳尻合わせるか。

7限授業を大量に組み込むか、どっちかでしょう。

 

まだ、雨は降りそうだし、益々、塾での勉強が大切になってきますね。

 

塾内でも進める科目はどんどん進む。

 

苦手科目は学校での授業が分かるようにしておく。

 

学校の授業が無駄にならないよう復習をしっかり行う。

 

効率的に理解できるように組んでいくしかないですね!