時間の無駄をなくす勉強法とは?

繰り返していると、どんどんできてくるぞ!1学期の復習問題をテストして、間違った分野を復習して、再度テストをやりなおす。これをこれを繰り返してどんどん正答率が高くしていきます。

 

すでに夏休みに入って1週間。この方法で、めちゃくちゃあった復習の量が大幅削減され、2回目の繰り返しをしている生徒たちがいます。

 

一方、なかなか進まない子もいます。

 

決定的な違いは何か?それは、間違った時、わからない時の躊躇している時間の量です。

 

5分10分じーっつと考えて、フリーズしている。ジーっとしている間にコクリコクリと眠りかけてしまう。

 

こんな時間が積み重なって、どんどんやる子と30分近く違いが出てきます。

 

一方、進む子は、というと

考えるとき、手が動いている。(例えば、数学なら、計算している・図を書いているなど)

そして答えを出してみて、間違えたら「あーっ!間違えた。」といいながら解答をじっくり観察。

つぎのもんだいにどんどん取り掛かっていく。

 

結果、待っている時間がなくなり、考える時間が多くなるわけです。

 

そうすると、時間の密度がとても濃くなります。

 

1日30分の違いがあれば、10日で300分=5時間も頭を駆使する時間が変わってきます。

 

止まっているより動きましょう!手は動かして、問題は口に出して読んで。五感を使いましょう。

 

そして、テスト→トレーニング→再テストの繰り返し回数を増やしましょう。

 

知らない間に力がつきますよ!