ここ1か月でご訪問いただいた私立高校

5月後半から1か月、各私立高校さんは、今春の進学状況の説明や新校舎など施設の内覧、体制変更の報告など、学習塾向けにいろんな情報補提供をされだしています。

 

いける高校にはできるだけ行って、情報収集をしたり、親の気持ち生徒の気持ちになって、「あっ、ここがいいな。」という気付きを持つようにしています。

 

説明会は秋がメインなので9月10月は学校訪問で大忙しになります。

 

そんな中、塾生が入学したり受験したりした各高校のご担当の先生が、進学実績資料などをもって、顔を出してくれたり、夏休みにあるオープンキャンパスの南内をくれたりしています。

 

5月以降、大阪体育大学浪商高校、清風高校、浪速高校、堺リベルテ高校、興国高校、東大谷高校、

など多数の高校の先生方が資料やオープンキャンパスの案内をもってきてくれています。

上記学校は、今年の資料が手元にあります。(またはもうすぐ完成)

 

公立高校志望の方が多いため、私立高校を選ぶ場合、ほとんどの人はどうしても秋以降になります。

公立に行くにしろ、私立に行くにしろ、情報収集はとても大切で、自分の目で確かめることが大切です。

 

オープンキャンパスや合同説明会には早めに参加し、候補の高校を数校選択肢として持っておいてください。

 

志望校選択のご相談は、親の気持ちで応対します。学力・進学実績・部活・校風・施設充実度・通学しやすさなど全部お伝えしながら、子どもたちの意見を尊重し、保護者の要望もくみ取りながら、相談に応じます。

 

いつでも、ご相談ください。