蛍を探しに山奥へ

土曜の夜は、面談の後、梅雨の合間にホタルを探しに行きました。毎年この時期はホタル見物に同じポイントに出かけます。ゴールの地点までの間にホタルがよく観れるポイントが5つくらいあります。車を止めて息をひそめて、漆黒の沢沿いの畦道を歩きます。

 

スタートは、恒例のほか弁。元塾生がよくバイトしているお店です。今年もバイトをしていました。

 

そのまま、和歌山方面へ。犬鳴山から岩出方面へ。紀ノ川にかかる竹房橋を通り、桃山町へ向かいます。

 

桃を買いに行く桃農家を過ぎて、高野山方面へ続く山道を走ります。

 

しばらくすると、水の流れる音と、カジカのなく声が聞こえだします。

ポイントに川にかかった小さな橋。真っ暗な畦道をスマホの画面で足元を照らしながら進みます。

 

小さな緑の光が暗闇に飛び交います。今年は去年よりもたくさん見れました。

これは、手にとまったところです。

Iphoneでは、限界か!ビデオカメラを持ってくるべくだった。

夜の林道は野生動物もいっぱい。まずは野ウサギを見つけました。そしてタヌキも。徐行するとトコトコ歩いてなかなか逃げないですね。

 

残念ながら、運転中でスマホをダッシュボードに置いていたので写真が間に合いませんでした。

 

そして、帰りみち。初めての遭遇が待ってました。

 

なんとウリ坊。しかもこの小ささは初めて見ました。

最初はニワトリ?子ウサギ?ウリ坊は見たことあるけど、こんなに小さくない。

 

でもしっかりウリ坊です。

 

これだけは、しっかりiphonのビデオに撮影できました!

 

なかなか、面白いホタル見物でした。

ホタル見えるかな?

珍客発見