中1 1学期の中間テストは高得点だ!

西信達中学 5月17・18日
田尻中学校 5月24・25日

佐野中学校 5月28・29日

信達中学校 5月29・30日

 

これが、現在通塾してくれている公立中学名と中間テストの開始期間です。

 

例年より、早くなった学校や・変わらない学校様々です。

 

その辺りで、微妙に範囲が変わってくるでしょう。

 

1学期中間テストの平均点はどの中学もどの学年も高めに出てきます。特に中1は、数学の計算問題と、英語のテスト内容が簡単なケースが多いため、平均点が80点前後になります。理科・社会の小学校とは比べ物にならないくらい暗記項目が多いので、理社をしっかり覚えられたら、450点前後まで引き上げることも十分可能です。小学校時代のテストはカラーの紙に、大きなスペースがあって計算しやすかったでしょうから、中学のわら半紙に小さい字で問題がいっぱいの問題用紙に出くわしたとき、驚かずに進められるか、差がつくポイントなんでしょう。

 

他の学年は、数学の計算問題が多く平均点が高くなること点を上げている一番の原因でしょう。但し学校によっては試験範囲が前学年の範囲が入ってくるため、前日に慌ててワークを終わらせるタイプの子どもたちは点数が伸び悩むでしょう。また、理科社会は学校によって進むスピードに差があるのと、試験日程で最大2週間違うので、範囲に差が出てきます。この範囲の広さとテスト勉強準備の違いが点数の差になってくるのは間違いなさそうです。

 

当教室では、中間テストにしっかりと準備することでスタートダッシュを狙う特別な勉強会を始めたいと思います。

外部生のテスト対策授業を若干受付予定です。ご希望の方はご連絡お待ちしています。