大阪府立高校合格発表でした。

今日は、朝起きてからお決まりのスタイルです。それは・・・。

 

淡いピンクのセーターにグリーンのチノパン。

 

そう、オッサン塾長は桜の木をモチーフにした合格祈願バージョンのいでたちです。

 

いつしか最後の公立高校合格発表の日はこの格好に着替えるのが年間通してのルーティーンのひとつになってしまってます。(笑)

 

 

朝、出かける前にテレビをつけると、「とくだね」で桜の木を枯らす外来種のカミキリムシの話...。「とくだねさん、うちの桜は今から咲くのに、それはないやろ!」とひとりつっこみ。

 

 

朝、10時前から教室に待機し、電話待ち。

 

ドキドキドキドキ。

 

10時10分ごろ、最初の電話が入りました。

 

「もしもし。」

 

「○○です。」

 

「おー、○○か。どうやった?」

 

「合格してました。ありがとうございました。」

 

「やったなー、よー頑張ったもんな。大逆転劇やで。」

 

「はい、ありがとうございました。」

・・・・・

 

こんな会話をしていたら、LINEにも合格の連絡が。

 

また雑務や来客対応をしたのち12時すぎにスマホを見ると、

合格の報告が入っていました。

 

倍率の高い専門コースや模試のデータでは去年は合格していない低い内申点からの合格など、スリル満載の入試でした。

 

塾生の頑張りが実って何よりうれしい1日でした。

 

でも、肝に銘じてほしいのは、今日からすでにスタートです。しっかり頑張って欲しいと思います。