51はよく出る数字

シアトルに戻りましたね。17年前ですからもうかなり昔です。マリナーズでイチローが活躍していた時、ちょうど子供が軟式野球チームに所属していました。グローブもバットも手袋もICHIROモデルが大流行り。それぞれ好きな選手の○○モデルを買って、使って自慢大会。

 

彼の活躍は、当時、小学生だった息子の野球と重なってずっと見ていました。

 

シアトルの背番号が51、ニューヨークで31、マイアミで51。

 

この51という数字、算数、数学でいうと結構よく出る数字なんです。難しくないけれど、簡単ではない。分数の約分を習いたての時に51をみると。それはそれは驚きの表情。

「なんじゃこりゃ!」という感じでしょう。だって割り切れるイメージないし、九九にも出てこないから何で割れるかわからない。とんと見当のつかない数字です。

 

中学になっても同じ。中3で素因数分解や平方根などが出てくると、「計算間違いしたんじゃないか?」ともう一度解きなおす子もいます。 実はこの51、17×3なのです。だから素数ではない。3と17で割れる。

 

ちなみに、3の倍数かどうかを確認するには、各位の数を足して、足した数字が3で割れたら3の倍数です。5+1=6なんで51は3で割れます。

 

素数と言えば、ヤンキース時代の「31」。これは素数です。1と31以外に割れません。

 

本日はただの算数うんちくでした。イチロー選手の活躍を期待している野球ファンのつぶやきでした。(笑)