早朝授業はやりませんが…

セルモ羽倉崎駅前本部教室では、定期テストの早朝授業を始めて、もう、6年くらいになります。毎年中3の学年末テストのみ、早朝授業は行っていません。理由は、受験を約10日後に控えた時期、インフルエンザなどが流行している時期、年間通じて最も寒くなる時期に朝早くに塾に来て点数を稼ぐ必要がない状態に仕上がっているからです。

 

その代わり、午後は2時過ぎから教室にきて、次の日の教科のおさらいを何度もしています。特に公立受験組は実技教科の4教科も必死です。少しでも内申が上がる可能性があるものには特に力を入れています。

 

5教科に関しては、そのまま受験勉強なので、その子の理解度に応じ、範囲単元の難度の高い入試問題を解いている子からワークなどの基礎問題を何度もやり直しをしている子まで、それぞれのテーマに向かって必死です。

 

 

放課後早く来て、少し早めに帰る。朝は早く起きる。これがポイントです。

昨日は、私立受験に向けての早起きを習慣化していない生徒を無くすためおかあさんたちに連絡を入れました。

「もう、早く起きようとしています。」「あと30分早起きさせます。」といったLINEでの返信をすぐに頂きました。

 

もう、戦闘体制です。お母さんたちのバックアップもあり、受験生たちも幸せです。

みんなが勝てるように、こちらも頑張ります!