過去問GO!

Kacomon Go!

去年だったら旬の響きですが、今年は古いか(笑)

 

今年の受験生は1月4日から過去問解禁にしています。理由は明確。数学・社会・理科の主要単元が学校で終了してなく、年末までにほぼ終了させたため、ようやく入試過去問を解いて採点し、自分の力を測ったり、弱点チェックができるようになったためです。

 

進学校・府立TOP校を狙っている生徒たちは11月ごろには中学履修範囲を一通り終えて難度の高い問題を繰り返しています。

 

それ以外の志望校の場合、学校の実力テストや定期テストの範囲を大きく超えずに校内テストや外部模試の点数が高くなりやすい学習カリキュラムを組みます。ひとりひとりに合わせて最大効果のある学習の進め方を作っていけるのがうちの強みです。

 

今年の受験生の入試対策は冬期講習の前半で95%の単元を終了します。そして過去問で十分に実力判定ができる体制をつくります。年明けから過去問演習をスタートし、そこで発見した弱点を補強しながら、同時に学年末テスト対策の最終単元をやり直します。これで、受験勉強と学年末テスト対策が同時に可能です。

 

それぞれの受験生が自分の志望する高校の過去問をやりだしました。年末年始のわずかな間ですが、テキストなどをやりこんでいる生徒と少し緩んだ生徒で大きな開きができています。それに気づいて、冬休み最後まで(1月8日)に目の色が変わってくれれば大丈夫です。巻き返しはきついですが必ずやり遂げます。

 

頑張ってもらいましょう!