私立高校の見極め方

 

公立受験との併願の場合、私立受験校選択の優先順位が低くなりがちです。

 

 

第一志望でないので、その気持ちがわからない訳ではありません。

 

 

この時期、保護者面談でよく話すことは

「公立志望校以上にしっかり見極めてほしい」という事です。

 

 

公立高校の場合、昨年から「アドミッションポリシー」を明確にして

「求める生徒像」を明確にしているものの、大きな理念は変わりません。

 

 

私立高校の場合は、背景の宗教観や教育理念がそのまま高校の特徴になります。

施設の新旧、校風などの特色が顕著です。

受験生が3年間過ごす時に気持ち良く通学できるかどうかの一見の価値はあると思います。

 

 

 

公立併願者にとって、私立高校は受験での「滑り止め」という位置づけです。

その学校に行くことは公立高校の受験が失敗したということです。

 

 

受験生が気持ちを切り替えるには少し時間が必要になるでしょう。

 

それだけに、「この学校を選んでよかった」と思える高校を選ぶことがとても大切だと思います。

 

私は塾内の受験生面談時は、「時間が許せるならしっかり確認し、『公立合格しても、この学校やったら行きたいかも。』と思える学校を選ぶくらい見極めてください。」と伝えています。

極端ですが、初めて自分で決める経験を適当にしてほしくないという思いです。

 

 

私立の場合、同じ学校でもコースにより大学進学に比重をおいたコースから、部活にシフトしたコース、卒業後の就職に有利なカリキュラムを組んだコースなど多岐にわたるケース、大学進学メインの学校でも、文系理系の選択学年や志望大学別のクラス編成の入れ替えが柔軟な学校や固定的な学校があります。部活をしたかったが、部活制限にひっかかり思った部活に入部できないといったこともあります。

 

 

塾で相談する、学校で相談する、高校の体験イベントや入試説明会に足を運んでみる、志望校の雰囲気を先輩や知り合いに確認してみるなど、ある程度の情報を仕入れた上で判断することが望ましいでしょう。

 

もう、最終決定まであまり時間がない時期なので、しっかり検討してみてください。

 

最後までありがとうございます。