長所と短所は隣りあわせ?

先日、「誰にでもできることを続けることは誰にでもできない。」

をイチロー選手の高校時代の毎日10分の素振りを例に少し書かせてもらいました。

 

「できないこと」の隣にある「できること」

 

「長所」の隣の「短所」がとても気になります。

 

小学校のうちに、「そろばんで暗算」や

「計算中心のプリント指導」をやっていた生徒の中には

「暗算が得意、計算のプロセスを飛ばして早く答えをだす。」

という子がたくさんいます。

 

よほど、訓練された子(読み取り算ができるレベル)でない限り、

桁が大きかったり、小数点以下が多かったりすると、間違う頻度が高くなります。

 

2桁×1桁程度の暗算は早く正確なのですが、

それ以上になると結構間違いに気づかない。

 

多分、計算に自信がある分、

「間違ってるはずがない」と思い込んでいるのでしょう。

 

計算式の途中過程をしっかりと書いていかない。

結果、ミスが起きだすとその確率が高くなり、

ミスを発見できずに自信がなくなり、わからなくなる。

イライラして考えなくなる。

 

彼らは計算が得意なんです。早いんです。(長所)

それが、ミスの元(短所)になっているんです。

 

下手に指導し、短所をなくすと長所もなくなるんです。

長所を伸ばそうとすると、短所がたくさん目立ってくるんです。

 

保護者の皆さんが、

「あっ、なんか、その辺のバランスとるの以前に比べて難しい年頃になってきたな。」

と感じたら、すぐにご相談くださいね。