誰でも出来る勉強

つい、先日ですが、保育士の仕事に関するホリエモンのTwitter発言が炎上とネットニュースで話題になっていました。

「保育士は誰にでもできる仕事」との発言に賛否が割れたという内容でしたね。

 

ホリエモンは「誰でもできる仕事」とは楽・簡単という意味でなく、「誰でも(やろうとしたら大抵の人は)出来る(大変かもしれない)仕事」と言っていました。

 

その言葉の真意やとらえられ方は置いておいて、本題に入ります。

 

塾生の成績を伸ばされている個人塾の先生方とお話をしていると、

「学校のワークはテストの1週間前に終わらせる。」

「課題を3回させる。」

「テストが終わったとのテスト振り返りをする。」

など、様々な工夫や取り組みをされています。

 

また、モチベーションの上がってきた塾生たちは、

「先生、次の土日は朝から開けてください。」

「塾のない日ですが、ずっと自習していいですか?」など

塾舎という空間を最大限に活用し、

6時間~10時間以上頑張る子もそこそこいるのではないでしょうか?

 

さて、ここに書いたこと、「誰でもできる勉強法」です。

 

もう一度言います。「誰でもできる勉強法」です。

 

正確に言うと、

「誰でも(やろうとしたら大抵の人は)出来る(大変かもしれない)勉強法」です。

 

もっと正確に言うと、

「誰でもできる(のに大変と思ってやろうとしない)勉強法」ですね。

 

まずやろうとするかどうか。これが一つ目の分かれ目。

やろうとしない人にはできないことなので、差が開きます。

 

そして、塾のように勉強するための空間であれば、

「大変かもしれない」は「意外と大変じゃない。」環境になっています。

家のように誘惑するものがないからです。

 

やってみると達成感や充実感があるもんです。

「大変じゃない」ことに気づかない。

これが二つ目の分かれ目。

 

経験を積むうちに「できること」が広がって

「大変かもしれない」と思う気持ちがしぼんでいく。

これが3つ目の分かれ目。

 

やってみませんか?