テスト結果にどう声かけますか?

2学期中間テストが返却されるころですね。

 

親子間で結果報告はしっかりとされているでしょうか?

 

「さぁ、次のテストもがんばろー!」

「頑張ったのなぁ。もうええわ。」

声のかけ方で気持ちって変化します。

何気ないつもり、励ましたつもりが「よく見てくれている」「関心ないんや。」「あれっ?褒められた?」「なんかむかつく。」いろんな反応になってきます。

 

ありがちなケースを少々

400点を目指しているA君の話。

A君にはお兄ちゃんがいて、お兄ちゃんはいつも400点を超えています。

 

今回の中間テストでは、惜しくも398点。400点に届かず。

でもこの点数は過去最高点。

そして英語はかなり頑張ったので95点でクラスTOP。

 

「今回のテスト398点やった。400あかんかったけど過去最高点。」

「また400点超えなかったん。漢字とかあれほど間違えん時って言ってたのに。もったいないなぁ。」

 

「頑張った英語のこと何も言ってくれへんのかよ。それに俺過去最高点やぞ!」

「もういいわ。お母さんにはもう何も言わんとこ。」

 

そうなんです。ダメ出し、否定、他人と比較、ここから否定的に言われてしまうと

ネガティブな感情がフツフツと・・・

 

足らなかったところの指摘より、できてる部分。

「過去最高点なんてよく頑張ってたもんなぁ。残りは次回のお楽しみやね。」

「トップにはなかなかなれないよ。種目別金メダルみたいなもんやね。次は総合金メダル狙う?」

まずは、ここに反応してあげてくださいね。

 

お子さん、ますます、頑張りますよ。