テスト直前の勉強法

泉佐野・泉南当たりでは

中間テストまで10日~2週間

 

中3の実力テストが直前

(または終わったところ)ですね。

 

定期テストは、範囲表がでるまで「範囲がわからん」とか言って、試験勉強しないやつもいっぱいいます。

 

「試験範囲って、2学期なってやったところは確実に範囲やん。」

 

「クラスの足並みそろわんかっても、10日前の今頃やってるところまでは90%はんいになるでしょ。」

 

「つべこべ言わず、次の塾では学校のワーク持ってくること。チェックするから。」

 

こんな会話が飛び交っています。

 

まだまだ、甘いですね。みんながみんな、戦う軍団になっていません。

 

そんな子たちは、泣きを見るか?というと泣きを見ないんです。

 

 

なぜなら、悔しく思う目標がないから。届きたい願望がないから。

 

だから鍛えないといけないんです。

 

 

真の自立を目指すなら、自分で気づかせる。

 

強制的に何かをさせることはあるけれど、

 

「何やってんねん俺、できることいっぱいあるやん。」

 

と自分で思わせないと、一歩がでない。

 

さて、テスト直前の勉強法!

 

「失敗するのが怖い、

手を動かさず、頭だけで考えようとする。

わからないとテンション下がる。」という人は使わないでください。

人の5倍時間をかけて範囲の勉強をしっかりしてください。

 

「わからないことが今発見できてテストに間に合った。よかった。」

と思える人は、どんどん行ってください。

 

できる問題を増やす、早く引き出せる脳の回路をつくる。

 

1時間かけて10問解くよりも、1時間で30問やる。

 

半分とければ10問解いたやつより5問多く溶けている。

 

それを3回繰り返せば、できない問題に向かう時間は多くなるはず。

 

結果的にできるようになる。

 

特にテスト直前は、数をこなして繰り返す。

 

これができれば点数は上がる!