花火のボランティアのお話

昼間のことです。

 

駅前に数人の若者がたむろしていました。

 

その中に、昔見た顔が・・・。

 

自転車ですれ違いざまに、

 

「ひょっとして青山先生ですよね。」

 

「えっ、F君?」

 

「はい、そうです。ご無沙汰しています。」

 

 

彼は現在高校3年生。3年前まで塾に通って頑張っていた元塾生でした。

 

「何してんの?昼間に駅前で。ひょっとして今日の花火に行く友達と待ち合わせか?」

 

「はい、りんくうの花火です。清掃のボランティアに行くんです。」

 

彼は、近くの高校で現在生徒会長を務めています。

 

中学生の時に比べ、体格もよくなり、すてきな好青年に成長していました。

 

中学の時よりもずっと堂々としています。

 

やはり、役割や責任が人を育てているのでしょう。

 

わずかな時間でしたが、今日が1日いい日になるような気持ちのいい再会でした。

 

さっきまで、バンバン花火の打ち上がる音が響いていました。

 

塾舎の屋上から数分間花火を見ていました。

 

たぶん、打ち上げ会場のビーチはすごい人。

 

屋台も出るでしょうから、ゴミも散らかりやすいでしょう。

 

眺めて、「お~っ」とか言ってる方が楽しいでしょうが、

 

準備する人、安全を確保する人、人の交通整理をする人、清掃する人

 

いろんな人たちの支えでもってきれいな花火がみれるんですよね~。

 

そんなことをささっとやってのけるF君たちがすてきに見えました。