語彙・読解力検定結果

6月に行った語彙・読解力検定の通知が届きました。受験したT君、見事合格でした!

 

塾での最初の会話は

 

私:「検定結果来たけど、合格してたらどんな反応?」

 

T君:「あぁ、そうですか、合格してましたか。(普通の顔)」

 

私:「じゃあ、不合格やったらどんな反応?」

 

T君:「あぁ、そうですか、不合格でしたか。(普通の顔)」

 

私:「なんや、どっちも変わらんやん。もっと合格やったら喜んで、不合格やったら悔しがるとかないんかい!」

 

ところが・・・ 授業終了後・・・

 

T君:「先生、通知結果くださいよ。」

 

私:「あぁ、そうね。はい、合格。記念写真撮るで。(淡々と)合格証持って。」

 

T君:「えぇ~っ。」(ここから豹変)

 

カメラ向けた途端、満面の笑みでVサイン。

 

(^_^)

 

そんな顔できるやん。最初から喜べ~っ!

 

ところで、この検定ですが、国語的な要素の語彙だけでなく、

 

時事・国際・経済・科学・文化・生活といった幅広い範囲をカバーしています。

 

上級になれば、高校入試・大学入試の加点対象、就活にも役立つ検定です。

 

中学生であれば、国語力だけでなく、理科や社会の資料読み込みの記述問題の解答力にも

影響してきそう。

 

やって損はない検定ですね。

 

次回は11月頃に準会場として実施する予定です。

 

時期になれば、告知いたします。