学校ワークの状況チェック

今回はいつも以上にワーク・ワークと言っています。

理由は3つ

1つ目

期末テストは教科が多く、実技教科も評価に影響する。

勉強時間を確保するためには

5教科のワークを前倒しで済ませておく必要がある。

 

2つ目

本当のテスト勉強をするには、

1回目のワークで穴探し2回目で穴修正3回目で再チェック

と3段階が理想型。

テスト直前の土日に必死にワークをやっている

状態から脱出しないと伸びてこない。

 

3つ目

自立を促すため、ワークは自分でサクサク進められるようになる。

その際、無駄な作業にならないよう1学期はしつこくワークの進め方を手ほどきする。

 

進行の基本は同じ。

見開き毎に丸付けする。

基本で間違っている場合は、見直してから応用へ。

丸付けの時、最初から答えを書くな。

空白・写しは絶対ダメとは言わないが、×印をつけて2回目で確認する。

すべての問題で時間を計れ!

特にドリルや1問1答は○○分以内と最初に決めてやる。

などなど・・・

 

人によって言っていることが少し違うこと

字を丁寧に。姿勢を正す。ノートに書き出せ。

暗記は○回書く。暗記のチェックは直ぐにしろ。暗記のチェックは時間をあけて。

消しゴム使うな。

一つを終わらせて他教科をしろ。

時間を決めて教科を変えろ。

などなど・・・

生徒のタイプや特性により最も効果が高そうな手法で

勉強を進めていくことです。

 

今日はワークチェック日で

テスト1週間前がワークの提出日だと思って進めるように伝えました。

 

この土日で進めてくれる子が一人でも増えていることに期待です。