中間テストから見える期末の風景

昨日は中1生やその保護者の方が、期末に向けて学習習慣をチェックする観点を書きました。

 

今日は、中2・中3編です。

 

どちらも、前学年の残り単元がテスト範囲であったかどうかで、平均点自体は下がってきます。

 

数学は、1学期は計算主体なので、2年であれば1年最後の資料の整理、3年であれば確率

 

が入っていると範囲が広がり、対応しきれない生徒が増えるので平均が下がりやすくなります。

 

理科も同様。社会は地理⇔歴史の切り替えがあると対応に手間取る生徒が同じく増えます。

 

それでも、年度の最初のテストは全体的に平均点は上がり傾向にあります。

 

期末テストでは、評価点をつけなければいけないので

 

平均点の高かった教科は難化しやすくなります。

 

活用・思考系の問題が増え単純な問題が少なくなる感じでしょうか。

 

ただし、やたら難しい、習っていないといった問題は定期テストでは、

 

そんなに出ないのでワークの入試問題レベルを見直しましょう。

 

中2生は、2学期に各教科とも急激に難しくなる感があります。

 

1学期は2学期の基礎だと思ってしっかり解けているかを確認してください。

 

中3は受験勉強と並行です。

 

定期テストのつもりで挑むのではなく、

 

「このタイミングで勉強したことは夏休みにやり直す必要はない。」

 

くらいしっかりやってください。

 

そして夏休みは1・2年の復習と応用問題を中心に2学期に備えましょう。

 

ということで、今週または来週初回授業で学校のワークをチェックします。

 

明日から具体的に定期テストまでの過ごし方を書いていきます。