中1定期テスト平均点の推移

今週からテスト返しが始まります。

 

今日の話は少し厳しめ。

 

現実ベースの話です。

 

中1の皆さん、よ~く確認してください。

 

そして、気を引き締めて次のテストへと挑んでください。

 

中学最初のテストは、どの学校でも平均点は毎年ほぼ350点~390点の間です。

 

このグラフは近隣中学の実際の定期テスト平均点の推移です。

 

6月末から7月にかけての期末テストで平均点は約50点下がります。

 

もっと下がることもあります。

 

そして夏休み明けには、300点を大きく割り込みます。

 

1年生が終了する頃には約100点平均点が下がることもあります。

 

何が言いたいかというと、今回のテストはまだ、小学校の延長上にあるテストで、

 

数学英語を中心に差がつきにくい問題になっています。

 

思った以上に難しかったのが社会。

憶える量が違うのでやったやっていないの差が大きく出ます。

 

次に理科。

範囲が狭めなので植物が嫌いでない、生物が嫌いでない子はあまり苦になりません。

でも、社会と同じような傾向にあります。

 

国語はまず漢字。

漢字を憶えるというのはよく別な場合を除き、得意不得意でなく、

勉強したかしていないかのメーターです。

 

そして、問題文が長くなる。答えを自分で書かないといけない。

そんな問題が増えてきます。

点数をとるのが難しくなります。

 

期末テストあたりから、学習習慣の有無、日頃のマメな努力などの差が授受につき始めます。

 

日々の勉強習慣がある場合…最初の点数を維持(または最小の下がり方)。

 

テスト前だけはしっかりやる…平均点の下がり方と同じくらい。

 

提出物が作業化している…2学期に平均点を下回る。

 

夏休みの過ごし方を失敗する…保護者が驚くほど下がる。

 

2学期になると勉強の中身は難化します。

 

そうなると、自分だけではどうにもできない。

 

下げるのは簡単ですが、上げるのは難しい。

 

時間も労力もかかります。

 

そうなる前に期末テストは頑張りましょう。

 

期末テスト対策にピッタリの6月新入塾、ご希望の方はご連絡ください。