受験の報告 in Kyoto~花見がてら~

春と秋は恒例です。

 

今年は4月8日に行ってきました。

 

花見や紅葉見物…だけではありません。

 

受験祈願でいろんなグッズを購入しているので

 

買い物先で

 

毎年、恒例の報告。

 

それがメインです。

 

でもちょうど満開の時期なのでお花見も兼ねています。

 

写真は清水寺の満開の桜。

まずは、建仁寺を拝観。

 

桜や紅葉は見るものの拝観は初めてかも。

 

さて、塾のブログなので、社会「歴史」のテッパン問題

 

この屏風絵は?

 

風神雷神図屏風

 

誰が描いた?

 

俵屋宗達

 

江戸時代の画家

 

この屏風は建仁寺(京都最古の禅寺)にあります。

 

臨済宗建仁寺派の大本山

 

臨済宗といえば?

 

栄西禅師

 

鎌倉時代

  

中学生の歴史では絶対に押さえておくワードですね。

 

体験記憶は最強の暗記法です。

 

小中学生の頃は、寺社仏閣や名勝古刹より、

 

楽しいところ、買い物や食べ歩きが楽しいでしょうが、

 

家族旅行や修学旅行では是非、見るべきところはしっかり見て記憶にとどめてほしいです。

 

USJやTDLとは違った感動があり、受験にも役立つでしょう。

 

観光客の7割が外国人らしいので、簡単な英会話の練習にもなるかも…。

 

今日はここまで。