来年の今頃の話

明日の朝から大阪府立高校一般入試の合格発表ですね。

 

今日は現中2(4月から中3)生と授業終了後に話をしていました。

 

「来年の今頃は、君らが合否発表やで。もう1年後やで。逃げられへん現実やで。」

 

「講習は何回ぐらい受けたらいいですか?」

 

「もう、自分で決めようか。春の勉強の中身を濃くしたければ、すべて自分で決めろ。

 

他人が決めて、嫌々してもパフォーマンスは上がらないし、何より”自分で決める”練習をしっかりすることが大事。」

 

「自立型の勉強スタイルを身につけたものから勉強の密度は濃くなっていく。

 

密度の濃い勉強方法を身につけないと、

 

部活と3年の勉強と受験勉強を並行してやっていくなんて

 

そんな欲張りなことできないよ。」

 

そんな話をしてたら、「部活があるから講習の予定が組めない。」

 

といっていた生徒たちが、パズルをするように時間の調整をやり出しました。

 

少しだけ具体的なイメージをさせ、

 

少しだけ自分で自分に責任を持つことの重要性をヒントとして与えると

 

化学反応するんですね。

 

新中3に伸びしろを見いだした10分程度の会話でした。