適度な焦りを持ちながら最後の土日を過ごす。

「入塾したての中1や中2の時から志望校が決まっていた。」

 

「中3になってだんだん具体的になってきた。」

 

「気持が揺れた、迷った、変わった。」

 

「やっぱり決めたところを受けたい。」

 

模試の判定にショックを受けた。

 

模試の判定に浮かれた。

 

「いいよ、その調子!」と励まされた。

 

「こんな勉強量でどうするつもり?」と突きつけられた。

 

学校のテストが伸びずに悩んだ。

 

学校のテスト結果が伸びてきた。

 

学校で「厳しい」と言われた。

 

「それでも受けたい。」と塾で伝えた。

 

「受けるのか受かるのかどういうつもりで残りの勉強するねん。」と詰められた。

 

学校で「○○高は大丈夫。」と言われた。

 

だから「○○高を受けます。」と塾で伝えた。

 

「そこは、本気で行きたい高校なん?言ったらその後どうすんの?入ってからがスタートやで。」

 

励まされると思ったら、なんか言われた。

 

2017年、年が明けて、土日はずっと塾で入試対策。

 

5教科5年分で25回、私立と公立併せて4クール以上

 

それに模試やら予想問題

 

100回以上の過去問テストをやった。

 

やり直しもしっかりやった。

 

やってなければ、突き放された。

 

答えは教えてくれないけれど、解き方とヒントと勇気をくれた。

 

あと3日しかない。

 

やってるけどやっぱり心配。

 

早く試験が終わってくれないかな。

 

 

今年受験する、彼、彼女の心の声はこんな感じなのかな?

 

もう数日で受験です。土日どっぷり付き合うのも今日で最後。

 

月・火・水はそれぞれの状態を細かく観ながら最終のチェック。

 

「あの時頑張ったから今度も頑張れる。」

 

次の受験や就活でそう感じられるだけのことはやってきたはず。

 

振り返ったら、かなりの時間の勉強をしているよ!

 

いつも言ってるように、試験会場では

 

「俺が、私がこの中で一番準備した。」

 

これだけが、試験の不安を取り除く「自分で手に入れた御守」

 

他の誰もが持っていないもの。 

 

 

だから、あと3日静かに闘志を燃やしてください。