受動態を印象付ける○○部との会話とは?

中学2年生 柔道部との会話 英語の授業です。

 

私:「英語の授業は受動態に入った?」

 

生徒:「はい。」

 

私:「そっか、受動態って”受け身”っていうやろ?イメージわかる?」

 

生徒:「なんとなく・・・。」

 

私:「柔道の乱取稽古してました。先輩があなたを?」

 

生徒:「投げました。」

 

私:「じゃあ、入れ替えると?」

 

生徒:「あなたは先輩に投げられました。」

 

私:「投げられたあなたはどうする?」

 

生徒:「受け身する。」

 

私:「そうや、主語が入れ替わったら、受け身するやろ。受動態のこと”受け身”っていうのはこのイメージや。」

 

私:「受け身するとき、手で畳はたくよなぁ、はたけへんかったら背中から落ちて息できひんよなぁ。

   受け身に手は必要やねん。その手のことを、英語ではどうするかわかるか?」

 

生徒:「・・・・」

 

私:「それが、”be動詞+過去分詞”や。これがなかったら受け身でけへんで。わかった?」

 

生徒:(なんか納得)「はい。」

 

私:「英語の受け身で必要なもんは何?」

 

生徒:「えーっと、”be動詞+過去分詞”。」

 

私:「せいかーい。忘れたらあかんで・・・」

 

こんな会話で、受け身の基本を印象付けるのでした。

 

来週は忘れていないかチェックからスタートです。