点数を取りに行け!~過去問演習編~

今日は、過去問演習を最大限活かす方法です。

 

時間配分を体に刷り込め!

 

過去問演習で、まずは時間の感覚を身につけること。

 

どれくらいの問題を時間内にやれるか

 

どのような問題に時間がかかっているか。

 

その上で、目標にしている点数を取るために

 

確実に取る問題

 

できるだけ取りたい問題

 

場合によったら捨てる問題

 

を本番で判断できる経験を積み上げてください。

 

数学の大問は誘導問題になっている

特に、関数・平面図形・空間図形の大問は誘導問題

(1)の①は簡単な場合が多い。

  

大問3の(3)②に苦しんで時間を使うならば、

 

大問4の(1)①や(2)①の方がずっと簡単ですぐに解ける問題であることが多い。

 

演習で確認しておいて、本番では

 

全部解こうと深追いして、時間を失わないように。

 

英作文はとにかく書く。

A・B問題の英作文は大問として単独で出る場合

 

長文問題の延長で出る場合が考えられます。

 

C問題の英作文は大問単独で設問自体が英文という強者です。

 

AB問題に比べ多い語数で書く必要があります。

 

しかし、基本的には自分の意見をまとめる問題。

 

季節の中でどれが好きか、理由を述べる。

 

給食がいいか、弁当がいいか?

 

外国の友達に日本文化を紹介するには観光か、食文化か、音楽か?

 

など自分の意見をまとめる練習を日本語で想定しながら

 

英作文の練習をしておきましょう。

 

過去問のパターンも大半が意見をまとめるものです。

 

書かなければ0点、書けば部分点がもらえるかもしれないので、

 

5分以内で書く練習を!

 

国語も作文がポイント

300字を10分で書く練習。(A問題は160字程度)

 

テーマに対して自分の立場(意見)とその理由

 

これを体験や世間の常識を基準に考える練習をどこまでやるか。

 

作文の配点は大きいので、しっかり書ききる。

 

作文にかかる時間を逆算して、残りの長文や古文を解く練習をして

 

「時間がなかった」とならない練習をしっかりしておきましょう。

 

満点を取る必要はありません。

以上A・B・C問題のある数学・英語・国語に共通する

 

過去問演習の注意点です。

 

理科・社会の得意な人はここで大きく点数を獲る。

 

目標点は各高校によって変わります。また自分の内申点によって変化してきます。

 

本番の緊張感含め、目標点数の1割増しの点数が取れるまで過去問を繰り返し

 

やってみるのがお勧めです。