中3の集中講習最終日でした。

中3生、年末年始の5日間集中講習が今日で終了です。

毎日6時間、インターバルの休憩は5分~10分弱。

トイレ休憩や次の教科の準備をする間に少し脳を休める程度。

今年の受験生もよく頑張ってくれました。

中学履修範囲をすべて終了させ、簡単な復習から難問まで

一人一人の様子を見ながら、課題を出していき

志望高校合格へ向けて、確実に歩んでくれていると思います。

 

毎年話をすることですが、

 

「この年末年始は、各人そこそこ頑張った。みんなが中1中2なら、スゴイ頑張りだけど、

残念ながら、中3は受験生なのでそれなりにみんなそこそこの量はやっている。

この年末年始のみんなの頑張りは、現状をキープするための最低ラインやと思っておくこと。

本番は2月3月の入試です。ピークはその時期に持っていく。

その前にある学校のテストは、私立受験にはあまり影響はないが、公立を受験する中学生にとっては

試験会場に持って行ける点数が変化する可能性があるので、とても大事。

 

そのテストを乗り切っても、不安は除けない。不安を解消する唯一の方法は、『自分が試験会場で一番勉強したわ。』

と思えるくらい時間を割く事。それをできる奴が、合格発表で笑える奴やで。

さぁ、講習は今日で終わりやけど、金土日は過去問やら教材やら自習に来るならどんどんやって。」

 

受験生にとって、多少強制された講習期間から、自主性に軸を置いた自習へと続きます。

自主性全開で取り組んでほしく思います。