2学期の学校面談時期です。

2学期の学校面談の時期です。教室近隣の学校は来週月曜からスタートです。

 

この時期にいつも思うのですが、成績の一覧。

 

定期テストの個人得点と平均点。それが一覧になっただけです。

 

少し違ったパターンで平均点からの差点が記入されているもの。

 

中1数学で3学期には度数分布を習います。

 

せめて、成績資料に度数分布表がついていれば、

 

授業中に「あっ、これ見たことある。」という生徒がふえるのになぁ。

 

その時以外習わない単元なので、1学期に1回資料として配布されると、

 

階級値、階級の幅、中央値、最頻値、度数といった言葉を覚える機会になっていいのになぁ。

 

と思っているるのですが・・・

 

個人の順位がわかりやすくなるものはつくらないのかなぁ?

 

と、思っていたのですが

 

今回、堺から冬期講習にくる中学生がいます。(塾生の親戚ですが・・・)

 

その生徒の成績表を先日拝見しましたが、度数分布が棒グラフになっていてわかりやすい。

 

やってる学校もあるやん!それやったら、この近隣中学でもできるやん!

 

統計は、子どもの時はなじみはないが、社会人になると最も必要な活きた数学のひとつです。

 

せっかくの成績表なので、もっと活用すべきでは?と思うのは私だけでしょうか?