設問はしっかり読み取ろう!

先週に期末テストが終了した塾生の答案がボチボチ返却されています。

 

まだ、全教科返却されていないので、週末にかけて出そろうでしょう。

 

さて、表題の件ですが、A君の理科の答案です。彼は理科が得意なのでとても自信を持っています。

今回も高得点。「さすがっ!」という感じでした。

 

どこを間違ったのかと眺めていると、計算問題に連続×が・・・

 

「いや、彼がそんなに間違えるはずがない。問題用紙の計算も間違ってない。ふむふむ、単位は回答欄に印刷されているゾ。なんだ?」

 

よく見ると、問題文に、「答えは整数で答えよ。」「小数第2位を四捨五入し第一位まで答えよ。」といった文言が・・・

 

整数で答える問題は小数第一位まで、もう一つは第2位まで計算して解答している。

 

計算はバッチリ合っている。もったいない。

 

問題文がびっしり詰まって書かれているため、しっかり見ておかないと、見過ごしてしまう。

 

なんと、4問8点の痛恨のミス。

 

小数や四捨五入の問題は、数学より理科でたくさん出てきます。

 

これを機会に、問題の隅々をしっかり確認するクセをつけてほしいです。