CM炎上!?

昨朝の情報番組を見ていると、東急電鉄さんのマナー啓蒙CMがネット上で炎上しているというネタを放送していました。

 

電車内での化粧をする行為が「みっともない」と表現されていることに賛否があるようです。

 

さて、東書の中2国語の教科書に「哲学的思考のすすめ」という

野矢茂樹さん書き下ろしの題材が掲載されています。

 

佐野中2年生で今、学習中の内容です。

丁度、学校授業のタイミングでタイムリーな話題でした。

 

「はずかしい」という感情を深く考えていく一例で「電車内での化粧」の話も書かれています。

 

感情の話にすると、感情論になり対立した意見は相受け入れられなくなるでしょうが、「なぜ、恥ずかしいという感情が起きるのか?どういったときに恥ずかしくなり、その反例はどんな場合なのか?・・・」と深く突きつめていけばそれぞれの結論に到達しそうです。

 

大阪府公立高校入試でも昨年のC問題では、国語の小論文(作文)で異なる意見を選択し、その利点欠点を挙げながら自分の意見をまとめる問題が出題されています。

今回のCMのように賛否が大きく分かれるテーマは思考訓練にピッタリかもしれません。

 

お時間が許されるなら、ご家族でお話しされてもいいかもしれません。

 

ちなみに、CMはこちら。

 

最後までありがとうございます。