テストの点数を20点上げる勉強法PartⅡ

今日から、「期末テスト点数アップ大作戦」の作戦実行です。まずは、数学から。

3学年とも計算系の単元が範囲です。分数や小数の計算練習はしっかりやってくださいね。

 

中1:①正負の計算で混乱するところがあれば、もう一度しっかり復習。②四則計算の順序( )の入った計算式を丁寧に練習。その際、途中式をノートに書きながらやっていくことがミスをなくすポイントです。③文字式をする前に、小学校で習った割合や速さの計算、特に長さ・重さ・時間の単位変換を小学校に戻って再確認。④ワーク類でしっかり練習。

 

中2:連立方程式に入っていきます。①中1の一次方程式の計算再確認。簡単なもので間違えることがないなら、小数や分数の入った方程式を練習。③代入計算のミスを防止。④文章題も1年生の一次方程式の文章題を復習。80点以上を目指しているなら速さと濃度をしっかり把握しておくこと。

 

中3:平方根(√)の計算が多く出てきます。①素因数分解のスピードアップを追求する。②数字の感覚が重要。磨く練習を積む。例)48=6×8=3×2×8=3×16=3×4×4といったひらめきを磨く練習を積みましょう。③2×2から16×16くらいまでの2乗の答えは暗記しておきましょう。

 

ここまで書いていることは、「習っていないからわからない」ことではなく、今までの知識や理解の確認です。

つまりは、すぐにでも取り掛かれる大切なことです。

 

すでに完璧なら次のテストは90点前後は取れる力を持っているでしょう。

そんな人は満点を目指しましょう。そのための対策は直接、「作戦会議」をやりましょう。

是非、相談会に顔を出してみてください。

 

計算問題がたくさんある単元では、スピードと正確さが大切です。練習あるのみです。

様々な練習方法がありますが、お勧めは「消しゴムを使わない」「時間を計る」の2つです。

興味のある人は、教室を覗いてみてください。

 

では、次の教科はまた明日。