テストの点数を20点上げる勉強法PartⅠ

佐野中・田尻中・長南中の期末テストスケジュール

「まだ1か月あるやん…。」

これは「テスト勉強を先延ばししても大丈夫。」という意味か?

それとも「しっかり準備しておけば次回は挽回できる。」という意味か?どちらでしょう?

答えは「しっかり準備する時間がある」ということです。

まず、考え方を変えるところからスタートしましょう。

 

1週間前になってワークを仕上げようとする人たちのほとんどがワークを仕上げて、最後に○つけ。

わからないところや間違ったところはそのまま解答を写す。そして、「ハイ、提出物完成。」

これ、もったいないやり方です。

目的が「とりあえず、提出物だけやっとく。」になっています。点数をアップさせる目的になっていません。

これを繰り返すと、結果が出ない。「どーせできない」「無理~」負けグセがついて、やる気がそがれてしまいます。

 

学校のテストはわかっているか、自分で解けるかの確認をするためのものです。

(もちろん、それが成績になるので結果は重要です。)

学校のワークをうまく活用すると、本番テスト前にテストを受けて、テストのやり直しをテスト前にできるということです。

ところが、それに気づいていない。とても、もったいないです。

 

間違った箇所、できるようになった箇所の認識ができると、

手間取るが、できる題を中途半端で投げ出してしまう、

できない問題に時間を取られて、解ききれなかった。

といった状態からは脱却できるはず。これだけでも各教科10点くらいは変わってくるはず。

 

点を取る作戦も立てられない状況を自分で作り出すことは避けましょう。

考え方を変える→目的を持って進める→

やったことが結果につながった、やったけれどまだ不十分、やってないからできなかったという評価をつける習慣を持つ

→負けグセを取っ払う。

この習慣を早いうちから身につけましょう。

 

明日からは、具体的な進め方を書いていきますね。