もう、6年目?…今日も早朝学習です。

おはようございます。

泉佐野は今日も涼しい朝です。気持ちいい。

 

佐野中中間テスト2日目で今日が最終日です。

昨日は学校から帰って仮眠後に勉強をできていた子も今日は、

 

テスト後部活があり、結構疲れるかもしれません。

そんな中でも、早朝学習に頑張ってきています。

 

さて、当教室がテスト日の早朝解放を始めたのは、この春に大学進学した生徒たちが中学2年の時ですから、もう6年になります。

結構私も頑張っている…(笑)

 

今日は、早朝学習の思うところを少し書きます。

 

早朝学習の効用は「朝早く来てテスト勉強するから点数が上がる。」

だけではない気がしています。

まず、意志が違う。「少しでも点を上げる」「朝から勉強する。」「眠たいけど起きて塾へ行く。」この意志が行動を変えるきっかけになります。

 

2番目に即行動に移せます。実際に移します。

やってみないとわからないテストと違い、自分の意志で行動を変えれる体験をします。

 

3番目に「誰かに支えてもらってる」という感謝の意が生まれます。

「お母さんが朝早く朝食の準備を自分のためにしてくれた」「起こしてくれた」「ちょっとは期待に応えなきゃ」

という気持ちが芽生えるみたいです。

寝坊して来れなかったある生徒は夕方の授業時に元気がないので「テストできなかったん?」と聞くと、

「朝早くから、あけてくれてるのに寝坊してしまった。」と私に対しての謝意を持ってくれているのです。

自分の親には照れくさくて言えなくても確実に思っています。

 

自分で行動を変える、決めることができる、実行する、人に感謝する謙虚な気持ちを持てる。

中学生でそれらが身につけば、強い武器です。

自分の決めた目標を追いかける意志を持つきっかけになります。

 

それならば、きっかけづくりの一つとして、これからも続けていこうと思います。

 

最後までありがとうございました。