教室ブログ

教室の様子、日々雑感、キャリアに関すること、書評など更新していきます。


ハロウィン月のロボット教室

今月はハロウィンの月

 

お菓子もいっぱい用意しています。

 

みんなこのロボットのようにお菓子に埋もれたいかな~?

 

さて、今回は写真で送る、子ども達に起きている化学変化を紹介します。

 

ロボット教室の子ども達に起きている化学変化を写真とともにどうぞ。

教えあう。

 

必要な知識、情報、工夫は

 

自然と教えあい、学びあいを発生させます。

 

年長者から年少者へ。時にはその逆も起きます。

 

「知」の共有は創造の領域では簡単に起こります。

次に進む。

 

別に待つ必要はありません。

 

ひとつのロボットを完成させたら、

 

そこからオリジナルに改造していく。

 

テキストの続き通りに最終形を完成させる。

 

柔軟な発想と図面を読み取る力が知らず知らずに身についています。

見直す。

「あれっ?どこが違うんだろう?」

 

「わかった、そこか!」

 

比較して違いを見つける力

 

とことん探していく力

 

修正できた時の達成感

 

見直すことはこんなに奥が深いことです。

考えを行動にうつす。

 

すぐにトライ!タイプの子

 

じっくり考えて、考えて考えて

 

よし!やってみよう、変えてみよう!タイプの子

 

どちらのタイプの行動パターンは

 

プログラムを書く時にはとても大事なアプローチです。

 

小さな失敗を積み重ねて成功に近づける。

 

行動するしかありません。

 

これって、AIが学習するディープラーニングと同じなんですよ!

頭の中に立体を描く。

 

ロボットのような立体感のある教具は、

 

頭の中に左右の違いや、見えない構造を把握する。

 

空間認識力を駆使しなければいけません。

 

形をイメージする力も身につきます。

調整する。

 

機械のトラブルの大半はちょっとしたミス。

 

例えば、差し込む穴の位置を一つ違えた。

 

つけるべき部品をつけてなかった。

 

たった一つの部品だけでも不良品が発生します。

 

見つけて調整し想像通りに動かせる手先の細かさは能へのいい刺激を与え続けます。

うまくいくまで考える。

 

いくらやってもうまくいかない。

 

もう嫌になる。

 

いままでだったら投げ出していたのに...

 

 

いつの間にか

 

うまくいくまで、

 

納得いくまで考えて、

 

動かして

 

失敗しても

 

またチャレンジ!

 

我慢強くあきらめない力が身についていました。

0 コメント

たらたらしてんじゃんねーよ

渋野選手が全英で優勝した時、食べていたのがこの駄菓子。

 

優勝後、買いに行ったがどこも売り切れ。すごい影響力ですね!
ようやく見つけたのでちょっと買ってきました。
駄菓子屋のお菓子、おいしいですね。
ちょっと食べたらパクパク食べてしまいます。
これは、クリスマスパーティーの景品おやつに採用決定です!
■使い方が難しい言葉です。■
「たらたらしてんじゃねーよ。」ということばには、なにか比較対象があります。
そのスピード感とギャップを感じ、「遅いなー。」と感じた時に出てくる言葉です。
その感覚は相手にとってプラスの意味で捉えていることは少ないのではないでしょうか。
実は僕も使っています。但し、意図的に。
■塾に来て、勉強への切り替えがうまく行ってない時。■
「さぁ、やろう!」のスタートについた時、筆箱出てない、ノート出してない。
やりだしてから爪触ってる、詰まったシャーペンの修理をしてる。
といった戦闘態勢に入っていないオーラが出ている時です。
注意と緊急の切り替え、試験など本番の重要時に出ないように一言で注意が必要です。
そんな時は、「たらたらすんなー!」の一言です。
■わずか数分の遅刻が続く時■
大きな遅刻は「どうしたん?部活?」「そんな時は事前に連絡よこすように。」という感じですが、
小さな遅刻は、本人の緩みや甘えから来ていることが多いです。
原則、遅刻は許されません。
しかし、事故的に発生する場合は「すみません。部活長引きました。」
「さーせん。忘れ物に気づいて急いで取りに帰ったけど遅れました。」
という「遅れてしまってまずい。」という一言があります。
しかし、気の緩みや甘えの場合、それが当たり前だと思っているので普通に席につこうとします。
そんな時は、「時間は守れ、たらたらすんな!」という感じです。
では、親子間ではどんなケースで使われることが多いのか?
■親の理想のスピード。■
「私はこうだった。」(記憶はかっこよく改善されています。)
「これくらいでやらないと○○点には到達しないでしょう。」
理想を追いかけるのはとても大切なことです。目標に向かって努力するのも大切です。
「たらたらするな。」「早くしなさい。」「なんで早くしないの?」
処理速度なのか、動作の緩慢さなのか?
時間や期限を目標にするには
日々のタイムを見て、動作を見て力に見合った設定をしないとつぶれてしまします。
■標準時間と比べたスピード。■
ドリルに書いてある標準時間のようなものです。
これと比較するのは簡単です。
しかし、子どもをつぶさに観察していないと、あまり意味のないものになります。
力をよく見ておく、問題の難易度を測る、得意不得意を知るといったことで、標準時間に幅を持たせることが必要です。
早く終わりすぎたり、歯が立たなかったり、未回答が多かったり、時間には間にあったが間違いだらけ。
これでは、ドリルの意味があまりありません。
■学力や処理スピードを読み違い■
結局は、親子間の読み違いが、関係性を悪化してしまいます。
関係性の悪化は効率効果を落としてしまいます。
これが、原因で親子喧嘩、言うこと聞かない、家で勉強しない、勉強への意欲が薄れる。
といった問題に発展していきます。
■兄弟と比べた時のスピード。■
無意識にしてしまいがちですが家族間の優劣は愛情の優劣と認識されてしまいがちです。
励ましているつもりでも、受け取られ方が違うと、結果はどうなるか…ですね。
■合意の弱い目標とのギャップ。■
よく聞くのが、「宿題を早く終わらせて、塾のプリントもらいなさい。」
「先生、テスト前なので宿題いっぱいだしてください。」
そして、学校のワークがおろそかになるのに、期限を早く切る...
なかなか、ブラックな香りです。
ここで、正論はたいてい親側にあります。
だから、強く言ってしまいます。
「あなたのため。」に言ってしまいます。
子供は「わかった。」と言わないと話し終わらないので、
合意したフリをします。
まぁ、後で何か言われても、やり過ごしたら同じだからです。
目標を決め、締め切りを早める。目標を決める側は、その方が安心です。
でも早く締め切るには早めの始動と定期チェックの頻度を上げる。
適度な声掛けをして計画を支援してあげる。
一部の子どもを除けば伴走者は必ず必要です。
目標設定の技術は簡単なようで難しいです。
低すぎる目標は成長を止めます。
高すぎる目標は意欲を失くします。または負け癖をつけます。
学力・性格・気力をよく見極めて、甘くなく、きつすぎず。
そこまで見尽くしての「たらたらしてんじゃねーよ。」が、正しい使い方だと思います。

インテックス大阪で教育系のイベント!

今日は、インテックス大阪で「教育ITソリューションEXPO」

 

英語で超有名な安河内先生の講演があったので、早くからセミナー予約をしていたのですが...

 

VIPだったので、無料招待されていたのに...

 

その前に大学病院での診察があり、診察時間が1時間伸び、会計で時間が過ぎ、会場に到着したのが公園終了時刻を少し回った時。

 

少し早めに出たのですが、高速が渋滞。予測できたのでもう少し早く出ればよかったです。

大学病院は結構混雑するので、いつもは1時間待ちが苦にならないように予定を組むのですが、今日はさすがにプチクレーマー。

 

表示灯に先生の診察が”予定通り”と表示されていたのが、ツッコミどころ満載。

 

「予定通りって出てるけどもう1時間過ぎてるやん。全然予定通りと違うでしょ。」

 

すぐに表示が30分待ちに変わってましたが、盛ってますね。すでに1時間(笑)

 

 ちょっと残念でしたが、その後展示ブースへ。

 

とてつもない変化はなく、教材関係もどちらかと言えばマイナーチェンジかな?

 

前回に比べ、プログラミング系の教材はたくさん出ていました。

 

教室で扱っている教材も出展されていたので、世間話を少々。

 

来年は大きな変化があるでしょうか?大学入試の変更に伴っての変化と、

5G時代での映像系の進化が教材にも反映されるかもしれません。

 

進化を見るにはとても有意義なイベントでした。

9月2回目のロボット教室

今年の9月は3連休が2発でしたね!

先週は、岸和田のだんじりでした。

 

今週はロボット教室。お家でだんじりをつくってきた子もいました。

 

さて、今月は秋の虫シリーズ。

 

そして新ミドルに昇給した子は、導入のカニロボット。

 

このカニも、秋に関係してるんですよ!

 

祭りの季節は、大阪湾のワタリガニがたくさん獲れて、おいしい季節です。

 

祭りの食卓には欠かせない旬の食材なんですね。

 

ということでカニロボットもプログラミングでうまくできました。

何と自宅で自作ロボをつくったため、

部品の関係でカニの身を食べて殻だけ残ったように

なってしまったカニロボットも・・・(笑)

 

次回10月もお楽しみー!

体育祭がピークです。

先週の9/14(土)に2校、9/19(木)が1校、9/20(金)が1校

 

塾生の通っている中学の体育祭が行われました。

 

今年は、あいにくどの学校も他の用事で見ることができずでした。

 

唯一、今日の佐野中の体育祭だけ通りすがりにパシャッ。

 

午後に一時期雨が降って来たタイミングだったのでみんな席に座ってグランドには誰もいない状態でした。

 

何もなければ、午後からの最後のリレーなどゆっくり見物したかったのですが...

 

千葉県では、台風被害で大変な状況ですが、大阪の泉南エリアはちょうど昨年は強烈な台風被害でした。
関空連絡橋の損壊事故や通電火災で駅舎が全焼し鉄道ダイヤは長期間元に戻らずでした。

近隣の民家の屋根が吹き飛び、数十本の電柱が倒れ、公園の木は根元から折れ、信号機は違う方向向いている。

1週間程度休校した小中学校もありました。

体育祭の演技の仕上げをする時間もなく、体育祭の演目が省略されました。

2学期の学校行事は狂いまくり、授業進度も遅れまくっていました。

 

今年は、晴天・秋の涼しさの中、できたみたいです。

今日の体育祭も、少し雨は降りましたが、演目競技には問題なかったみたいです。

 

さて、当教室は個別授業スタイルです。

晴天の中、日差しと運動で疲れまくっている中学生で、勉強を日頃と同じように持続できる子はそんなにたくさんいません。

比較的体力のある運動部にしても、炎天下にいて練習するのは3時間程度です。

中3は部活引退して1か月以上たつので耐久力が落ちています。

耐えられるのは郊外スポーツをしている子たちぐらいでしょう。

 

だから、事前に振替を推奨しています。

この制度を導入して推奨して以来、少なくても疲れてダレる子はいません。

 

中3もレギュラー授業後に自習で学校ワークなどをどんどんさせることができます。

 

メリハリ付けて、疲れてない時に集中した方がはかどるもんね。

大阪体育大学浪商中学高校に行ってきました

2020年のオリンピックに向けてスポーツ熱は高まってきています。

西日本のスポーツ系大学の代表格である、大阪体育大学の併設校なので

 

「スポーツができなければ入れない。」「勉強よりもスポーツに力を入れる中学・高校。」

 

というイメージが先行しているようです。

 

 

 

でも、それは大間違い。

 

スポーツをする環境が国内でもトップクラスというのは施設やフィジカルトレーナーの充実度など間違いないことです。

体育の先生を志望する大学生も多く、就職時に教育系国公立大学学生と合格を競わないといけません。

多くの内部進学者を抱える浪商高校とすれば、それだけ文武に長けた生徒を送らなければいけません。

当然、学力アップが可能な学習カリキュラムが組まれます。

スポーツ別の体育館、天然芝、人工芝の広大なグランド、全天候型400Mトラック、

 

10コースある室内温水プールなどもあります。

 

写真はその一部です。

 

 

浪商高校学習コース

Ⅰ類:国公立を志望するコースです。進学クラブという放課後の学習クラブに入部することが必須になっています。少数ですが1/3~1/2の生徒が国公立大学へ見事合格しています。

Ⅱ類:有名私大を狙うk-スですが、国公立大学への入学者もいます。このコースも進学クラブへの入部が必須です。

進学総合:文系3教科型で大学進学をはじめ多様な進路をめざします。

 

進学スポーツ:学力とスポーツの両方を活かした進路を目指します。有名私大や大阪体育大学への内部推薦を利用する生徒も多数です。このコースは体育系クラブ活動への参加が必須です。

 

アスリートコース:体育系強化クラブへの参加が必須です。浪商高校の持つ抜群のスポーツ環境の中で、一流アスリートの道を歩むことができます。

 

浪商中学学習コース(2020年より新コース設置予定です)

グローバル進学コース:学力向上に特化します。様々な国際交流を通じてグローバルな視点を身に付け、社会を生き抜く力、主体的に行動できる力を身に付けます。

 

スポーツ進学コース

全国を目指し、専門競技の能力向上させるカリキュラムです。実技講習の授業が組み込まれ、トレーニング講習・テーピング実習・栄養や食事に関する講演など実技だけでなく、スポーツ科学の観点からもアスリートの卵を応援します。

これだけ充実した中学は聞かないですね。

大阪湾や関空が一望できる熊取町の高台に中学・高校・大学があります。

 

大阪南部の絶景ですね。

JRや南海電車の駅からバスが多数出ています。交通便も安心です。

羽衣学園中学高等学校へ行ってきました

13日(金)は羽衣学園中学高等学校の説明会に参加しました。

 

ずっと校舎内で説明会が行われていたのですが、今回はホテルの宴会スペースを借りての説明会でした。

 

高校は、南海本線沿いの受験生にとって、最大級の志望校です。

 

南海電車で急行停車、駅から徒歩5分~8分。と通学が便利。

 

共学で校舎も新しい。

 

大学も併設。

 

部活も盛ん。

 

以前は女子高で、お母さん世代の卒業生多数。

 

いろんな理由があるのでしょう。

 

毎年、近隣の佐野中からの受験者数は単一中学では最多人数です。

 

 【受験コースは3つです。】

 

文理特進Ⅰ類⇒難関国公立私立文系理系・私立文系理系を目指すコース

 

文理特進Ⅱ類⇒関関同立をはじめとする関西難関私立、有名私立大学を目指すコース

 

進学コース⇒有名私立大を中心に幅広い進路に対応しています。

 

これらのコースに2年生の時にコースを変更することも可能です。

 

オンライン英会話の施設も充実し、ICTの環境もばっちりです。

ICT実装の旗振り役でもあったので、実践的に授業で活用する力は府内でもトップクラスです。

 

そして、大量の生徒が利用できる自習室。

生徒のニーズに合わせると、どんどん大きくなったいったようです。

 

休日も開放されています。

テスト前、夏期や冬期休暇、大学受験前など満席状態になるようです。

 

【今年度は過去最高の合格実績!】

大阪大学医学部に合格

Ⅱ類から始めて国公立大学に入学

私大受験が難化している昨今で関関同立合格が50名突破

産近甲龍・摂神追桃の合格実績もアップです。

 

【国際化にも力を!】

オンライン英会話・セブ島への語学研修、留学生の受け入れ。

台湾の大学と広大連携協定を締結しており、台湾進学へ向けて華語の講座も開設しています。

 

 

【学校生活は?】

 

大阪南部エリアでは某府立高校が全国的に有名ですが、羽衣学園高校のダンス部も全国大会へ出場連続しています。ダンス強豪校です。

 

 

男子テニス部インターハイ出場、水泳部も出場しました。

他にも、ソフトテニス部、男女ホッケー部・体操部なども近畿大会へ出場しています。

 

創部間もない野球部の監督は甲子園出場回数多数の名監督。

選手集めをしないで、野球部を強くするため部員をひとりひとり見ながら育てているようです。

 

 女子高時代から強い競技に加え、共学になってできたサッカー部など男子向け人気クラブが増えています。

【受験が変わる。】

 

来年の入試内容が少し変わります。

 

英語にリスニングテストが加わります。

 

府立高校の入試イメージです。

 

そして、英検の資格がテストに反映されます。

 

これは、英検を頑張っていた人には朗報ですね!

 

英検2級で100点換算、準2級で80点換算です。

 

府立高校入試では準2級は入試得点換算の対象外なのでこれは励みになりますね!

大阪偕星学園高校へ行ってきました。

大阪偕星学園高校は、知る人ぞ知る学校です。

ハンドボールは昔からインターハイ・近畿大会常連校で有名です。

野球部は第97回(4年前)の甲子園に出場ました。

空手・柔道などの武道も強いです。

バドミントンも強いです。

ちなみに、バドミントン部の顧問は小中学校の同級生なので親近感も強いです。

 

部活だけではありません。

 

この学校のすごいところは、学力再生に長けているところです。

 

中学校の成績がトップクラスの子が受験するといったことは、あまり聞かないです。

 

どちらかというと、中学時代は勉強嫌い、成績もあまりよくない。

そんな子供たちが入学して先生たちとコミュニケーションをとっているうちに精神的にほぐれていきます。

勉強に向かう姿勢が作られてきます。だんだん、言わなくてもやるように変わっていきます。

寄り添いながら勉強嫌いを卒業させるコミュニケーションに長けているようです。

 

結果、中3の実力テストでは200点前後(平均250点)しか取れていない子たちが、指定校推薦でなく公募推薦や一般入試で大学へ合格することができています。

 

今回はホテル会場のため、校舎や設備をお伝えすることはできませんでしたが、詳しくはパンフレットをご確認ください。

浪速高校へ行ってきました。

毎年、入学生の数が700名を超える、マンモス校であり、人気校です。

 

凄く立派な建物です。

 

このビルのような校舎には、ICT設備が至る所に準備され、授業の中で使用されています。

 

各教室に設置された電子黒板、一度に一クラス全員が使用できるオンライン英会話のためのPC

 

EdTechと呼ばれる、教育とITテクノロジーが合体した新し学びの教材と先生の指導、板書や問題などをうまくミックスし、カリキュラムを進めていきます。

 

今年から浪速国際コースという新しいコースが用意されます。

このコースでは、”英語の成績のいい子を集める、作る”という目的ではなく、グローバル市民の育成を目指した、グローバル教育を進めていきます。

固定概念に縛られず、様々な視点で物事を考えることができる柔軟性、教科書は文科省の指定以外に英語の要所を準備し

先生は、日英バイリンガルの先生を配置する予定です。

語学研修もセブ島でのセミスパルタ形式の特訓をするなど、多彩なカリキュラムが計画されています。

 

様々な視点で多面的に物事を考えることができ、しかも英語を英語で考えることができる状態で大学を受験する。

ひょっとしたら、日本の大学ではなく、海外の大学を意識できるかもしれません。

正門のすぐ横には、鳥居とお社が。

 

そうです。浪速高校は神道の学校なのです。

ここにはご自慢の食堂があります。7階にある食堂からは眼下に大阪市内が一望でします。

 

きれいで、とても広く、見晴らしもいい。3拍子揃ったロケーションです。

 

食堂のパンがまた、自慢のパンです。

 

頂きましたがめっちゃうまい!

食堂横のベランダ定演です。さうがにロックされ外には出れませんでした。

エレベーターもついていますが、帰りは会談で居りました。ちらっと見えたグランドは青々とした芝です。

 

浪速中学高等学校は、スポーツもとても盛んです。

 

生徒の才能を後押しするために、様々な施設が用意されています。

 

この新校舎もたしか3~4年前に建立された後者ですが、東京オリンピック前後にテニスコート。400M陸上トラック、アメフト・ラグビー、サッカーが可能な芝のグランド、野球場とどんどん建設予定、着工中、すでに開設など、部活生を後押ししまくっています。

9月のロボット教室

先週の土曜、9月1週目の土曜日です。9月のロボット教室でした。

 

秋なので、虫のオンパレードです。

外は暑くてとても秋ではないですが…

 

バッタロボットに、プログラミングで丸くなるダンゴムシ。

 

6足歩行の奇怪生物ですが、6足なので虫の仲間でしょう。

 

1か月ぶりに全員揃った教室内はとても賑やかでした。

 

早く仕上げた子が、どこかが不具合でうまく走っていない子のロボットを見て、原因を特定していせていたり、地学活性化が進んできています。

 

たくましくなってます!