教室ブログ

教室の様子、日々雑感、キャリアに関すること、書評など更新していきます。


大阪府立高校過去問を自宅でやる!

3月の一般選抜までもう1か月を切っています。

 

(特別選抜は来週ですね。)

 

最後の仕上げは何をしていますか?

 

お勧めは過去問です。

 

なぜか?

 

それは、府立高校の問題が私立高校問題・模試・学校の実力テスト・定期テストのどれとも似ていない、問題構成だからです。

 

そして、例年、大きく変化しない。

実は、ここ数年は、毎年のように入試制度が変化していきました。

 

それに伴い、問題の難易度・受験時間、配点比率の変化などちょっとずつ変化がありました。

 

今年は少し落ち着てきました。

 

国語:作文の時間を確保して、絶対に次数の9割を書こう。(300字の作文なら270字以上。300字未満。)

この作文は20/90点なので、100点満点だと22点ほどあります。

時間がなく半分程度しか書けないとすると、まるまる20点損失です。

長文2題は記述量がそこそこ多く配点が高い。

古文は1題。漢字はそんなに難しくない。

 

数学:問題構成は大問4つ。大問1の計算と小問は確実に。

   問題の後半は難易度が高いです。

ここで時間をとられて他の問題をする時間がなくなった。

と、なると点数をとりづらくなります。

大問ごとに時間を決めて解く時間のイメージを練習しておこう!

 

英語:A/B/C問によって難易度が大きく変化しますが、Bを中心に書きます。

リスニングはしっかり押さえよう。問題の出方が大きく変わるとは思えないので

練習してどんな回答パターン化をしっかり頭に入れておきましょう。

長文は、やはり時間を決めて解く。深みにはまって時間が無くなって白紙とならないように。

英作文は、シンプルな日本語で書くことを考えて、英文を書く。

できれば、構文や関係代名詞、代表的な文法に文章を入れていた方がいい。

 

理科社会:これらが入試得点の安定化に一番役立ちます。

過去問レベルの問題で何点取れるかをしっかり把握しておきましょう。

全員連絡ありました!

今日は朝から病院に行くため電車の乗っていましたが、

 

発表が今日になっていた私立高校を受験した塾生のお母さんからLINEが届いていました。

 

「難しかったからあかんかもー」と受験日当日言っていた希望のコースに無事合格していましたとのこと。

 

そうですよね。本人、学校に行ってる時ですもんね。

 

いやぁ、今年もよかった。

 

専願も、併願もみんな合格しました!

 

あとは本命の公立だけだね。

 

最後まで気を引き締めて!

あきらめずに考えたら方法は生まれる話

昨日ですが、卒塾生で現在高3、受験生のお母さんから連絡がありました。

 

「センター後に志望校を変えたので、過去問が売ってないし、アマゾンにもないんです。」

 

という話。

 

土曜日に、その卒塾生のお兄ちゃんと飲みに行ったので、その時に少し聞いていたのですが...

 

やっぱりなかったようでした。

 

アマゾンにもないし、セブンアイもない。近くの書店にも大型書店にもない。

 

高校入試本の教材会社なら、お付き合いがあるので問い合わせることもできるのですが、、、

 

困った。というか、中古市場で2018年なら少し高値でも取引可能なんでしょうが、

 

気持ち的には、最新版がほしいわなぁ。

 

この辺りの大型店舗は、イオンの中の未来屋書店さん。

 

よく行くので、スマホの中に書籍検索ができるアプリとか入れてます。

 

確認したけど在庫切れ…

 

「ん?」

 

「ン?」

 

「待てよ、彼が死亡しているのか地方国立大学、だとしたら、受験生の半数以上は、その県の受験生、または近隣県。」

 

「よし、そこの店舗を検索してみよう!」

 

ということで、当該エリアの未来屋書店を探してみると・・・

 

「ない。全滅。」

 

「隣の件は?」

 

「ない。全滅」

 

「じゃあ、もう片方の隣の件は?」

 

「在庫僅少」

 

在庫切れのなかに「在庫僅少」を見つけましたよ!

 

「よっしゃー!BINGO!」

 

という感じでした。

 

福岡の未来屋書店八幡東店さん、

 

今日の朝、お母さんが直接電話され、大阪の店舗に送っていただけるようになったそうです。

 

なかなか、そんな面倒な話にすぎに応じてくれないのに

 

お母さんの熱意が通じたのか、素晴らしい神対応!

 

ありがとうございます。

 

これで、しっかり最後に追い込んで!

合格おめでとう!

土曜日の私立高校入試から2日明けました。

 

早いところでは、さっそく合格通知が届いたりしているようです。

 

遅めの学校は13日までというところもありますが、問題に記述が多く、受験者がおおかったりするとどうしても時間がかかりますし、いろいろですね。

 

さて、今日は午前中、WEBでつながっている先生のお話を聴いていましたが、その間に電話が...

 

とり損ねたので、折り返すと、1学期でやめた生徒からでした。

 

「先生、私立合格しました~!」

 

「電話する塾間違えたんかな?」

 

と思ったら、合格したら最初に電話しようと思ってたらしき返事。

 

「先生、今じゅくにおるの?いっていい?」

 

「今、塾やけど、会議中やねん。」

 

そんなやりとり。

 

慕ってくれてとてもうれしい。でも、いてくれたらもっと嬉しい。うーっ、複雑です。(笑)

 

でも、かかわった子の未来が晴れてるならすべてよしですね。

 

その後、別の生徒から合格通知の写メが届いたり、連絡が来たり。

 

残りは、発表が明日以降の子たちです。

 

併願の本命は公立高校なので、ここからの1か月が勝負ですね。

 

しっかり応援していきますよ!

私立高校受験を控えている保護者の方へ

明日、大阪府私立高校の受験を控えられている保護者の方へ

 

受験前日は、受験に必要なものを一式早めに準備して

できるだけ早めに眠れるようしてあげて下さい。

 

試験会場は寒い場合もありますので、

お渡しはしていますが、カイロなど防寒グッズも準備しておいてください。

朝はできるだけ普段通りを心がけ、特別感のないようにしてあげて下さい。

 

万が一、インフルエンザの症状が出た場合は、高校により対応が違いますので

すぐに所属中学に確認し、対応をしてください。

 

日頃の校内テストや模試でも平然としているお子様でも、

併願だから気軽に私立受験すると思っているお子様でも、

家を出る瞬間、試験開始の瞬間は

初めての経験で、不安や緊張はピークになると思います。

 

私立専願生は今回が本番です。

併願生も合格通知が府立試験の励みになります。

やりきった感と、保護者の応援が一番の緊張緩和剤です。

 

試験当日は、保護者の皆様もご不安だと思いますが

不安を受け止め、受験に挑めるようお願いいたします。

 

以前、私立併願校合格後、府立高校前期受験前にいただいたある保護者からのメールです。

受験生の気持ちをよく表しているなぁと思ったので添付いたします。

 

-------------------------------

私は○○には応援してくれる先生いてるから安心しています。

お守りありがとうございます

公立は後悔しないように勉強して行きたい高校に元気に受験できたらいいと思っています

 

私立の受験の日○○は今まで見送ってるかどうかなんて振り向いたことないのに、

あの日○○は振り向いた。そこに私がいたので笑って行きました。

○○の不安な気持ちがわかり、無事に最後まで試験受けれたらそれでいいと思いました。

よろしくお願いします。

------------------------------

やっぱり、保護者の愛には勝てませんね。(笑)

 

本番に強くなる勉強法

もう、少しで私立高校の入試です。

 

その後に、公立高校入試も控えているので、特別な勉強法をお伝えします。

 

【学校のワークなど難易度が高くない問題集の難度をあげる。】

これをすることで、問題集の難易度が上がり、難しくなります。

 

①時間を短くする。

 

 制限時間を短くします。

 

単純な計算も時間を短縮することであわてる、焦りが発生します。

 

これにより、普通やらないミスを犯してしまうことがあります。

 

そしてそのミスは試験の本番、緊張度の高いときにあなたがやってしまう可能性の高いミスなので、徹底的に無くすように注意をします。

 

国語長文・英語長文も時間短縮の効果があります。

 

どちらも文章を読み、同時にかからないといけないので、より短時間で読み解き答えを出す。

 

ハードルはあがります。

 

 

②数学の大問は誘導問題になっていることが多いぞ!

 

数学の図形や立体の問題は、仮に(1)(2)(3)(4)とあったなら(1)の答えや考え方が(2)(3)のヒントになっていてそれを前提に(4)の解答を出すという問題のつくりになっていることが多いです。

 

これを僕は誘導型問題とネーミングしています。

 

この問題の難易度をあげるためには、いきなり(3)(4)をやってみることです。

 

ヒントなしで(3)(4)を解いていく。

 

そのプロセスで(1)(2)に気づく、自然と解いている。

 

そんな状態にすることが大切です。

 

英語でいうと、並べ替えの問題で、英単語をあえて伏せて、英文をつくるといった方法も難易度をあげます。

 

③一問一答は全て感じで答える。

 

もちろん漢字を使っている問題ですが、社会の人物名、地理の地名など素b手漢字で書く。

 

本番でも漢字で記入する問題は多いので、ひらがなで答えると×というルールを決めるとハードル上がります。

 

④生徒が時間を決めて問題を解いている時、わざと邪魔する。

 

例えば、長机の隣で、消しゴムを使って机を揺らす。

 

鉛筆を結構な頻度で転がす。

 

空の500mlのペットボトルで机を軽くたたく。

 

全て本番想定のロールプレイングです。

 

隣の子が結構消しゴム使って机が揺れる。

 

鉛筆カラカラ落とさせる子はかなり多いです。

 

わりと乾いた音が大きく響きやすく、前後左右の座席の子が咳を頻繁にしている時の状況に近いです。

 

そんな中、淡々と問題が解けていけば、本番でも少々の雑音には負けないはずです。

 

やってみてください。

泉州トラックカップが開催されます

3月2日・3日に樽井サザンビーチの横にあるなみはやグランドで泉州トラックカップが開催されます。

 

昨年に続き第2回目だそうです。

 

業界あげて、未来を担う子どもたちに業界のこと、トラックのことをもっと知ってもらいたいという想いが今大会を支えています。

 

トラックといえば、お父さんや家族がその業界にいなければ、ほとんどの子どもたちは「トラックは大きくて危険な乗り物」という認識しか持たないかもしれません。

 

でも、トラック(物流)がしっかりとしていなければ、僕たちは正月に刺身を食べることはできません。

ネット通販をぽちっと押しても、いつ配達されるかわかりません。

 

物流は生活の血液のようなものです。

 

とても大切な動脈ビジネスです。

 

そんなトラックとのふれあいや業界上げての社会貢献の一環で、地元の運送会社さんの団体が主宰されます。

地元のサッカーチームを中心に大阪以外の近畿圏からも続々とチームが集まり、昨年は20チーム約300人の小学生サッカー選手が競い合いました。

 

今、泉州はアジアカップにも出場しているJ代表の南野選手や室谷選手などトップアスリートを輩出している地域です。

 

10年後にはJのチームができているかもしれません...

 

たまたまですが、この大会の主催社でもある

関空運輸(株)の内畑谷社長が前職の同僚でもあり、

今回少しだけ協賛させてもらうことになりました。

 

先日、別の機会にJリーグ2代目チェアマンの村井さんのお話を聴く機会があり、

J代表まで上り詰める選手の大きな特徴の中には学力がなければ身につかない大切なものがあることも伺いました。

そういう意味で、塾である僕がちょびっとだけでもお役に立てるのは価値のあることかなと思っています。

 

少しでも、地域の子どもたちのためになるようなものには協賛できたらいいなと考えます。

週末は私立高校入試

早いですね。

 

年が明けてすでに1か月が経ちました。

 

この週末はいよいよ私立高校の入試本番です。

 

過去問をやっていき、自分の問題点を見つけましたか?

 

過去問5年分が2回転目に入る時は、

 

①解答解説を見て間違った問題が自力で解けるかどうかのチェックをする。

読んでわかったつもりはダメ。

解けるかどうかの確認が大切です。

解答の理解ができているかどうかのチェックをする時は、一人二役で読み上げていきましょう。

 

A:教える自分 

B:教えてもらう自分と自分の中でキャラ分けしてから、

 

B:[なぁ、この問題わからへんねん。」

A:「どこがわからへん?」

B:「この証明やねんけど∠A=∠Dはわかるんやけど、なんでAB=DEなん?」

A:[それはね、○○やんか・・・」

 

こんな感じで教えることができたなら、それは完璧に理解できているということです。

 

②数学・英語・国語は時間を10分短縮する。

解答を見て理解が進んだ前提で、さらにプレッシャーをかける目的で時間を短縮しましょう。

 

ちなみに理科社会は得意な子も不得意な子も意外と10分前にはできていることが多いので、単純に点数が伸びたかどうかを真剣に見ていきましょう。

 

③去年までの合格最低点がほとんどの学校で赤本には載っています。

目安点数は合格最低点の1割増しで。

受験本番は緊張して力が存分に発揮できないことがあります。

そこで、自宅で過去問、学校や塾での過去問は、会場に比べリラックスした雰囲気で勉強できるのでハードルを少し上げておくのです。

その点数が取れたら良し。もしだめでも、力の発揮具合が90%くらいの出来だとしても合格点数に乗っている。

 

そんな状態を作り出しましょう。

 

もちろん、本番は合格最低点より1店多く取っておけば、それなりに丸く治まりますから。

 

 

小さな工夫が大切だ!

オフのお話なので、お気軽に見てくださいね。

 

今日は2月3日、節分です。

 

「鬼は外、福は内」豆撒きをするご家庭は、子どもが大きい小さい関係なく多いでしょう。

 

うちみたいに子どもが社会人になってもやってる家庭は少ないかな?((笑)

 

さて、この節分の豆、大豆の煎り豆なので味もなく、たくさん口に含むと、口の中がパサパサになるんですよ。

 

豆の数が50を超えるとおいしく食べるのにどうするか、毎年考えて、微妙に変えていってるんです。

 

数年前からコーヒーミルで豆を挽いてきな粉にしています。

それを砂糖とまぶして餅にかけたり、アイスの上にかけたり。

 

そして去年から更にそれを改善しています。

 

二粒ほどコーヒー豆を一緒に挽くんです。

 

そして、それをアイスにトッピング。

 

コーヒー風味のきな粉アイスをいただいています。

 

「自分のやりやすいように、工夫してやるってとても大事です。」

 

というお話でした。

プロセスとアウトプット重視が合格の近道

受験を成功させるために残りの時間を何をしますか?

 

「えーっ、あと8日で私立高校入試やからひたすら暗記。」

 

と本をずっと読んだり、ノート整理したりしていませんか?

 

今大切なのは、暗記ではなく、暗記できたかどうか・覚えているかどうか・応用できるかどうかの確認、つまり、書いてみる、声に出してみるという、アウトプットです。

題に書いてあるプロセスというのは、今まで勉強をしっかりやってきたかという意味ではありません。

 

あと1週間程度ですから、やってきた人は自信を持って挑めばいい。やってなかった人、少し後悔している人は時間は戻りません。残りどれだけやれるかやってみればいい。

 

ここでいうプロセスは、答えをアウトプットするためにどのように考えたのかを目でわかるようにする。

 

人に説明してみるということです。

 

計算であれば、途中式をしっかり書けているのか、記述であれば関連性を誰かに説明できるのかということです。

 

書くことで、覚えた公式が間違っていたのか、計算ミスなのか、それとも考え違いなのか?同じミスでも修正する方法が全く違います。

 

プロセスを重視していないと、そこがわからなくなります。

 

すなわち、間違いの修正に時間がかかってしまいます。

 

時間がそんなにいっぱいある時期ではないので、時間を有効に使うためにも、プロセスとアウトプットを重視してください。