教室ブログ

教室の様子、日々雑感、キャリアに関すること、書評など更新していきます。


〇〇ロケット特別編日曜AM10時から

日曜劇場特別編

佐野中ロケット

予告です。

 

10月21日(日)

午前10時スタート

 

ロケットを製作・打ち上げるのは、

どうあがいても阿部寛になれない

塾の先生(苦笑)

 

キャスト:未来の

土屋太鳳さん・未来の竹内涼真さん

 

のような佐野中校区の子どもたち、でお届けする予定です。

 

 

10月21日に佐野中学校で「さのフェスタ」というイベントがあります。

 

ボランティアの方のイベントや手作り教室、校区の各小学校のPTAの皆さんの飲食店などが出店されます。

 

佐野中校区の小学生たちに佐野中学で楽しんでもらいます。

 

体育館では佐野中学吹奏楽部の演奏も行なわれます。

 

その、オープニングを毎年飾るのがモデルロケットの打ち上げです。

 

火薬燃料で打ち上げるモデルロケットは、実際のロケットのミニチュアのような形をしており、100メートルを超える高さまで打ちあがり、逆噴射して、先端部分を切り離し、パラシュートを開きいて降りてきます。

 

昨年は雨天で発射中止になりましたが、2016年の動画で打ちあがるところをご覧ください。

 

今年は雨が降らないことを願っています。

 

 

JAXAでは、10月20日に「みお」、29日には「いぶき2号」打ち上げ予定

 

はやぶさ2・イプシロンロケットのプロジェクトもよくニュースに取り上げられています。

 

JAXAのホームページを見ると宇宙飛行士の募集も出ています。

 

民間のロケット打ち上げが活発になってきています。

 

日本ではホリエモンが北海道でローコストなロケットを製作し、打ち上げ実験を繰り返しています。

 

米国Space X社のロケットでZOZOTOWNの前澤社長は月へ行く予定です。

 

でっかい夢がありますね!!!

 

実は、いろんな大学にロケットのクラブなどの団体があります。

 

近くでは、和歌山大学WPSという学生プロジェクトがあり、ハイブリッドロケットを加太で打ち上げています。

 

和歌山親愛高校にはロケットガールというプロジェクトがあり、ロケットを打ち上げています。

 

他にもロケットプロジェクトは意外とたくさんありますよ!

 

 

モデルロケットがきっかけで、ロケットに興味を持って、進路の標になってくれたらとてもうれしいです。

2016年さのフェスタでの打ち上げ

そして、夜のテレビは下町ロケットに決定!

 

楽しみ~。

朝焼けの早朝開放

おはようございます。

 

昨日に続いて、朝の連投です。

 

早朝5時半ごろです。きれいな朝焼けです。

 

今日で田尻中のテストが終わります。

 

いい結果になることを期待しています。

 

 

さて、早朝学習の効果を少しお話しします。

 

やった分は返ってくる、効果性が高い学習パターンです。

 

中学生のテストレベルでは量(時間)が大きな差になります。

 

高校や大学受験に比べたらさらっと済ませることができる難易度です。

 

それだけ、時間をかけた反復が体幹を鍛えるような効果につながります。

 

 

朝、眠たい中、自分は起きて勉強する。

 

これだけで、モチベーションが違います。

そして、意志の力が大きく働いています。

 

 

今からテストを受けに学校に行くので、時間のおしりが決まっています。。

 

自然と集中力が高まります。

 

イコール勉強の質が高まっています。

 

 

 

たった、朝1時間から2時間の違いですが、

 

量×質×モチベーションが最大化されるゴールデンタイムです。

 

 

 

さぁ、終わったら部活もありますが、1・2年生は頑張ってください。

 

3年生は、ここは、気を抜くタイミングではありません。

 

次の実力テストに向けて、もう一度今までの復習をしてくださいね。

秋の気配の早朝開放 

この前の定期テスト早朝開放が、6月末から7月、夏。

 

それ以来の早朝開放でした。

 

同じ時間でも、まだ暗い。

 

寒くはないけれど、早朝なので1枚羽織ってしまう。

 

塾生たちの制服も長袖に。

 

この前まで、台風だなんだと言っていたのに。

 

もう、すっかり秋の気配です。

 

しかし、教室は熱気です。

朝から、再度、自力解答できるかの確認です。

 

今回は、テスト時期が3週にわたるため、今日は一人の参加でした。

 

ここ数年のやり方と変え、今回からは、「開けているから自由においで」型から、

 

「来たい人は事前に行って。そしたら開けるから。」と自発宣言型に変更しました。

 

勉強のスタイルはいろいろでしょうが、確立されていない中学生にとって

 

朝も勉強する時間があることに気づかせるのは大切だと思います。

 

2020年の改革に向けて、「勉強も個性のひとつ」

 

自ら機会を作りだして欲しい。

 

テストの点数は勿論ですが、

 

「チャンスは平等にあるが、意志のある者がそれを利用できる。」

 

ということを、学んでほしいと思います。

ロボットがいっぱいいたぞ!

先日ですが、私立高校の説明会の後の話です。

 

しばらく前から髙島屋の地階の工事が始まっていました。

 

本屋さんがあったところです。

 

「何ができるのかなぁ?」と通る度に思ってました。

 

「えっ?何?」

 

今日、やっとわかりました。

 

ロボットがいっぱい。

 

スマホで操作できるドローンある。

 

ヒューマンロボット教室の監修をされてる、高橋先生の開発されたロボットは、ロビくんや携帯電話のロボホンなどいっぱいありました。

 

なぜかうれしくって、店員さんに「写メ撮っていいですか?」と断ってパチパチ。

 

今日は午前中、ロボット教室の振り替え授業だったので、子どもたちに写真を見せながらワイワイと楽しく過ごしました。

 

昼からは、テスト前日の中学生が仕上げにワークをしたり、それ以外の問題をしたり。

 

中には、まだ宿題未完成の生徒もチラホラ。

 

まだ、徹底不足ですね。

 

明日は、朝から自主タイムです。がんばろっ!

中間テスト南下中。

教室から一番近くの佐野中の中間テストが終わりました。

 

午前中に終わってますが、みんなどうだったでしょうか?

 

来週以降、じっくりと確認していきます。

 

毎年、この時期は2学期の行事ごとで、授業が抜けたクラスで偏りがでてしまいます。

 

そのため、テスト範囲が狭くなりがちです。

 

今年は直撃した台風の影響で各中学さらにぐちゃぐちゃになっています。

 

たぶん、学校の先生がいちばん焦っているだろうと思います。

 

そして、来週は、月・火で田尻中学、水・木で西信達中学、再来週に信達中学とテストが見事に南下していってます。

 

ということで、この土日も自習開放が続きます。

 

塾生のみんな!頑張るんだぞ!

高校訪問2018~清明学院高校

南海本線沿いの中学の人気校

 

うちの塾生数の多い、佐野中・田尻中、ひとつ南の西信達中など、南海本線に近い中学には人気のある高校のひとつです。

 

やはり、通学に電車一本乗り換えなしは強いですね。

 

併願専願含めて毎年多数の受験生が受験します。

 

説明会は、スイスホテル南海さんで行われました。

 

校長先生のお話の中、自慢するポイントは、「保護者の学校との関係がとてもいい。学校行事への保護者の参加が年々増えていき、学校に興味を持ってくれる保護者がとても多くなってきている。」ということでした。

 

これは、学校と生徒、学校と保護者の信頼が強くなってきている証で、生徒の成長に大きくかかわっているということでした。

 

 

中学が併設されているわけでもなく

大学があるわけでもない。

 

冒頭の説明で登壇されていた先生が話された言葉です。

 

中学がない=スタートは全員同じ高校入学時の成績。

 

大学がない=安易な進路選択はできない。進学する人はしっかり目標を設定して努力を重ねる。

 

入学時にそれほど学力が高くなくても、日々の学校生活や活動の中でリズムを整え、周囲に関心を持ち良好な関係を持つことで卒業時には高い学力がついている先生たちの自信のことばです。

 

事実、進学の実績は年々伸びていて、関西の有名私大や薬学・看護といった分野への人数の伸びが大きいのが特徴です。

 

コースは5つ。5教科入試と3教科入試

 

特進コースは5教科入試、その中に文系特進・理系特進・看護医療系特進と3つのコースがあります。

それぞれが、受験に向け、年次が上がるとカリキュラムが変わってきます。

7限授業+自習や講習、長期休暇時の講習や勉強合宿など、自分の目標に向けて学力を高めていく取り組みがされています。

 

進学コースは3教科入試、その中に進学コースと総合コースがあります。

進学コースは文系科目の比重を高め、関西の有名私大への現役合格を目指します。

部活との大学進学の両方を目指す人にはいいバランスになっています。

 

総合コースは個性重視型です。

部活に力を注げる6時限体制で教科のバランスも良く学習でき、幅広い進路選択が可能です。

 

 

部活盛んです

 

最後になりますが、部活も盛んです。インターハイや近畿大会の常連クラブも多数あります。

サッカーワールドカップで活躍した山口蛍選手も清明学院出身です。

語彙読解力検定の締切は10月19日(金)

語彙読解力検定の締め切りが近づいてきました。

 

当教室での実施は11月17日(土)です。(公開会場は18日)

 

塾生以外に受験問い合わせをいただくことも増えています。

 

一番多いのは、就活前の大学生と高校1・2年生。

 

就活での面接を成功するための時事問題などの理解度測定。

 

表面的なことを面接で話してもすぐにメッキは剥げてしましますから、理解して自分の意見を言える準備は大事です。

 

高校生の受験理由は、大学入試の加点対象検定なので、資格を取得しておきたい。

 

AO入試や推薦入試などの論文を書くために語彙力を豊富にしておきたい。

 

テストに出てくる新聞時事ネタの深読みをするための訓練。

 

そういった目的で受験される方が多いです。

 

 

次に多いのが、中学受験を考えている子どもの保護者からの問い合わせ。

 

語彙や新聞時事の読み解き方の訓練したい。

 

「思考力をつけるために語彙力や読解力が大切。」と感じられている保護者の関心が高いようです。

 

中には、「子どもと一緒に」なんてお母さんもいたりします。

 

高校受験でも入試の優遇制度に適応されることもあるので、中学生も受験しますが、こちらは塾生が中心です。

 

保護者的には高校受験よりも国語力を高めて欲しいという理由のウェイトがやや高いですね。

 

エリア別に言うと、幣塾の近く、泉佐野市内在住、岸和田以南、会場のない和歌山市内の人たちも問い合わせ多数です。

 

締切間近なので、受験希望の方、どんどんお問い合わせください。

 

申込はこちらまで

 

 

「できる」と「できた」の違い言えますか?

中間テスト直前です。

 

以前間違った問題、自力で解けなかった問題などの再チェックが本当に大切です。

 

塾生たちに確認します。

 

「なぁ、このワークで間違ってた問題、解説見たよなぁ。」

 

「見ました。」

 

「じゃぁ、大丈夫やなぁ。できるな?」

 

「できます。」

 

「そっかぁ。じゃあ、やってみ。(紙を渡す)」

 

ここで、反応は2つ。

 

一つは、スイスイ問題を解いていくパターン。

 

「なんで、こうなるのん?」

 

「○○が△△で□だから...」

 

解説もばっちりです。

 

これが「できた」のパターン。

 

もう一つの反応。

 

紙をにらんでフリーズ状態。

 

少し書き出すが、理解というより、暗記したものを思い起こそうとしている雰囲気。

 

「できる言うたやん。」

 

「いや、昨日はできたんですけど...(汗)」

 

という感じです。

 

これ、「できる」のパターンです。

 

 

運動会シーズンだったので、お父さん・お母さん、こんな経験ありませんか?

 

「こう見えても、小中学校の時は徒競走はクラスで1、2番やったんや。」

 

「よっしゃ!今日のPTAリレーでもいわしたろか!」

 

頭の中は昔の軽快な自分の走る姿。体も軽いし、足の回転が速い。

 

この、昔の記憶が鮮明過ぎて、実際に走っている時の頭の中は、足が高速回転しています。

 

ところが、現実は足が回転していない。おかげでイメージ先行の上半身だけ前のめり。

 

そのうち、足がもつれてバランス崩してダイビング。

 

怪我がなければ幸いです。

 

 

これが「できる」イメージで「できた」ではない場合です。

 

しっかり解説を見たこと事実なら、「できる」イメージが強く残ってます。

 

鮮明な成功イメージが残っていて、「つもり」になっていることに気づかない。

 

うそではありません。

 

だから、

 

「できへんやん。ちゃんと勉強し。」とか言って叱責してはいけません。

 

「つもり」か「できた」かどうかを確かめて、

 

「つもり」の状態だったなら

 

「できた」になるまでもう一度、二度三度やってみればいいのです。

 

彼らの頭は若くて軽快です。

 

中1女子がんばる!

今日は朝から愛犬といつもの散歩コース。

 

快晴で気持ちいいビーチでした。

 

「えっ、月曜なのになんでBBQ準備してる人たちが多いの?」と思っていると、よく考えると今日は祝日。

 

3連休の最終日だったんですね。テスト前で開け続けていたので、休みの感覚がわからなくなってきました。(笑)

 

今日は13時から試験前開放でした。

 

早速来たのは中1女子。しばらく時間をおいてまたまた中1女子、その後中1男子。と中1勢が今日は頑張ってました。

 

そうこうしている間に各学年がやってきて、しばらくしてからレギュラー授業の時間帯に入っていきました。

 

今日に関しては、自習をしていない人の時間振替は認めず、自習する人だけ時間振替を可にしたので、自習に来た人は3.5時間~5.5時間くらい頑張ったことになります。

 

長さが全てではないですが、学校で授業をしていたらそれくらいは勉強する計算になるので、それくらい密にしたら考課は必ずあるでしょう。

 

今回の定期テストはどうなるでしょうか? 間もなくスタートです。

明日は13時から

テスト前で3連休です。明日は夕方から通常授業ですが、13時から自習開放します。

 

「1週間前でワークがほとんど終わっていない」とか、言ってる人は必ず来てください。

 

ということで、明日含め3日間のテスト開放をしましたが、

 

祭りなどもあり、いつもより参加は少なめ。

 

まぁ、この時期は毎年同じ傾向になります。

 

注意すべきは受験生。

 

3年生は定期テストの勉強と思わず、受験のための勉強の意識がなければ、後に控える実力テストの効果が悪くなるんです。

 

受験の成否を占う時期なので、気を引き締めて欲しいですね。