教室ブログ

教室の様子、日々雑感、キャリアに関すること、書評など更新していきます。


30人を観るためには協力するのが一番

先生の置かれた環境を冷静に考えてみた」最近の家庭訪問は、この写真のように部屋にあがってお話しすることはほぼ皆無です。

だいたい、玄関先で立ち話。

 

お茶やお水はいただいても、お菓子などには手を付けられません。

 

昭和を小学生で過ごした世代の思い出ですね。

 

 

子どもの伸ばして欲しいところ、気になるところを伝える

 

「先生の置かれた環境を冷静に考えてみた」

 

以前は大手求人情報メディア会社でマネージャーをしていました。

 

ボーナスや昇給昇格にかかわる人事査定を直接つけるメンバーは最高で約60名程度いたと記憶しています。

 

日々の仕事の様子を見たり、一緒に進めたり、じっくり話をしてみたり。

 

もちろん大人相手なので自分の業績は自分でしっかりレポートしています。

 

それらをじっくり見ていることらも、何度も考課者研修を受け、極力不満の出ない評価をつけていきます。

 

ベテランでもなかなかしんどい業務です。

 

さて、一クラス30~40人の評価をつけるとしたらどうか。

 

たぶん、直接評価をつけるメンバー数が30人以上という経験をされている人はそんなにいないと思います。

 

それがですよ!新卒や2年目3年目でも、いきなり30~40名の評価をしなければいけない。

 

しかも、クラスをもってから約1か月。

 

クラスの子どものことを1か月で全員わかるなら超人です。

 

小中学校の先生が新卒や2年目3年目で担任を持つことは普通によくある話です。

 

サポートはつくでしょうが、簡単ではありません。

 

かなりハードな仕事になります。いい所を評価したい、悪いところは目をつぶりたい。

 

そんな気持ちになるでしょうね。

 

または思ったほどしっかり見ることができない...

 

これが学校の先生の評価をつける現状でしょう。

 

 

だからこそ保護者から伝えることが大切

 

でも、保護者なら、子どもをしっかり見て欲しい。

 

いい所を伸ばして、よくないところは是正して欲しい。

 

日頃、見えない学校での顔を教えて欲しい。

 

そう思って当然です。

 

 

だから、見るべき観点をこちらから示すことが大切

 

以下のようなことを、紙に書いて先生と共有して話すとベストです。

①注意して欲しい点

アレルギーや喘息、健康にかかわること

 

②家で見せるいいところ。

弟をとてもかわいがる、お手伝いはしっかりやる、学校のことはしっかり報告してくれるなど

 

③注意してもらいたいところ

片づけが苦手で散らかしたまま、最近ゲームをしすぎて勉強がざつになってう。など

 

④我が家の教育方針

すごいことでなくてもいいです。家庭のルールなども含めて

機嫌がよくても悪くても、挨拶はする。履物は揃える。食べ物は残さないなど

 

⑤最近気づいた心配事

前は友達と一緒に帰ってきたが、最近一人のことが多いなど

 

 

大切なのは、ぶれないこと。

常識の範囲であれば、家庭のルールと学校のルールができるだけ一致しているほうがいいです。
家でOK。学校でだめ、またはその逆。

 

各家庭がそうすれば、担任持って1か月くらいの先生でも、それぞれの子どもの見るべき観点が定まりやすいです。

 

子どもを見やすくなれば、目が届きやすくなり、余裕ができたぶん、指導に幅ができるはずです。

 

今週末や来週から家庭訪問スタートです。

 

お時間をつくって、できるだけ家庭訪問の準備してください。

二人目でも、2回目でも時間作ってくださいね。(家庭訪問)

毎年、4月末ごろから5月1週目あたりに家庭訪問が行われます。

 

 今年はGWが10連休なので、4月最終週に家庭訪問が組まれている学校が大半ですね。

 

仕事をしているお母さん方の場合、GW中にどこかに出かけるなら、GW前に仕事の予定を入れてますよね。

 

シフト勤務の場合、学校の予定が配布されたころにはすでにシフトが組まれた後なので、自由が利かなかったり。

 

訪問する側もされる側も割と大変になりそうですね。

 

バタバタしている最中ですが、そんなに、構えないでくださいね。

 

いくつかの実話をお話しします。

 

全て、面談や体験・電話(ネット)相談などであった話です。

 

「担任の先生が以前お兄ちゃん(お姉ちゃん)の担任だったわ。」

 

下のお子さんの新しい担任の先生がご兄弟の担任だったので知っているというケース。わりと聞く話です。

 

相手のことをお互い知っているというのは、話をする上で、距離感が近くなってとてもいいことです。

 

初対面の関係よりもぐっと話しやすいはずなので、下のお子さんのいい所、注意してみていて欲しい所などをお話ししてください。

 

その際できればまとめて書いたものを渡しているほうが、先生も忘れにくくてなおいいです。

 

 

「去年(以前)も同じ担任だったので家庭訪問はもういいかしら...」

 

お仕事をされている方も増えてきているので、時間がとりづらいですね。

 

そこで担任が変わらなければ仕事優先となってしまいます。

 

家庭訪問は先生たちが各家庭の様子を確認するだけでなく、各家庭にとってホーム(学校での面談をアウェイとすると)で話をする機会です。

 

話はしやすいと思います。

 

子どもの成長に伴い、親の心配・子供の課題・見ておく観点、すべて変わってきます。

 

もう一度、見直してください。家庭訪問の時間をつくってください。

 

家庭訪問の目的

 

学校の先生は、「家庭の様子」「学校と家庭での子供のギャップ」「各家庭と近づきたい」という感覚で回ります。

 

一方、各家庭は、「子どものどこを先生に注意してみていて欲しいのか?」を伝えることを一番の目的にしてください。

 

それをしっかり伝えることが、良好な関係づくりの一歩だと思っていてください。

 

つづく。

 

令和は大きな変化が本格的に始まる時代。

今日のネットでアップされていた記事です。

N高(通信制高校)の入学者数が4000人(うち会場にいるリアルな新入生は約50名。)入学式はVRゴーグルをつけての入学式です。

 

自宅でも入学式会場の雰囲気が味わえるんですね!

 

司会はVチューバー、

リアルな新入生にバーチャルな校長先生が新入生の宣誓式。

 

本格VRシステム。

 

今年の東大入学者数が約3100人

 

それに対して、N高入学者は4000人。

 

全校生徒は9000人以上になるそうです。

 

それだけの数の高校生が体験しているんですね。

 

 

 

デジタル教科書が一部解禁になり、2020年からは本格導入。


先生の授業も、・板書授業・プリント授業から、ICTを駆使した形に変わるでしょう。

 

今でも、先進的な試みをされている先生は、自分で資料をパワーポイントなどで作成し、プロジェクター投影して説明するなど、公立中学でも見受けられます。

 

普通の教科書にQRコードがついて、音声チェック、動画解説。もう、すでに用意されています。

 

タブレットに入ったデジタル教科書。

 

ハード面や紛失破損の責任など生じる問題の解決策が決まればどんどん進んでいくでしょう。

 

不登校に対する学習支援でも使われる予定もあります。

 

携帯各社に5Gの電波領域の割り当てが始まりました。

 

何もかも新しく変わっていきそうですね。

 

 

10連休のインパクトが...

今年のGWは10連休です。新天皇即位の日が休日ですね。そしてその次の日も。

なので、4月27日(土)がお休みならば、10連休。

28日(日)からなら9連休です。

 

もちろん、3次産業が多く占める現代はサービス業の業種業態がとても多いので、みんながみんな10連休ではありません。

 

海外旅行・国内旅行も多いので、近くの関空やアウトレットモールはかなり忙しいでしょうね!

 

個人的には「天皇即位の国民行事に海外に行くのはどうよ。」((笑)と思います。

 

体の8割は昭和なんでしょうねぇ。

 

さて、去年の夏ごろにはすでに告知されていたことなので、公立小中学校の先生たちもわかってはいたでしょうが、相当前から押さえていた修学旅行などは予定をずらすことはできないでしょうね。

 

GWの間の日をとって行っていた、家庭訪問なども前倒しか後倒し。

 

となると、その期間、約1週間は4時間授業です。

 

8日~12日は実質授業はありません。

 

中3になると、中間テスト前後に修学旅行が加わります。

 

授業時間は代休入れて3日なくなります。

 

前後で、オリエンテーションなどの事前準備があるはずなので、学習時間がタイトです。

 

中間テストや期末テストのどちらかに、テスト範囲のしわ寄せがくるでしょう。

 

または授業スピードを急激にアップさせてくるか...

 

とにかく、各学年ともに、気を引き締めてどんどん進めましょう!

始業式、一番注意すべき点とは?

昨日が始業式ですね。

 

公立小中学校では、今日が離任式でした。

学校を離れる先生、新任で、学校に来られる先生たち

のあいさつがありました。

転任の先生はたいてい離任優先なので、違うタイミングですね。

 

さて、始業式。ワクワクドキドキです。

 

中には春休みゆっくりしていたので、「学校始まるのうっとうしぃ」とはぼやいている子どももいますが...(笑)

 

まぁ、ほとんどの場合は、半分シャレで言っている感じです。

 

そんな様子を見ながら、保護者の皆さんがおうちで最も注意して欲しい点があります。

 

それは、子どもの様子です。

 

1学期の始業式は、クラス替えの日です。初めて1年間一緒に過ごすことになるクラスメイトとの顔合わせです。

 

いろんな性格、いろんな子供がいるので、誰とでも仲良くなれる子、仲いい子たちのグループで自分だけポツリと違うクラスになってしまった子、色々いると思います。

 

勉強ができるできない、わかりやすいわかりにくいなどの前に、最も大切なことは、クラス・教室がその子にとって、安心できる快適な空間になるかどうかです。

 

「仲いい子いた?」「新しい友達は増えそう?」といった内容の話を振ってみて、反応を見ておいてください。

 

顔が曇っているか、明るいか。

 

数日間は変化(明るい⇒曇り顔、曇り顔⇒明るい気配)に敏感になっていてくださいね。

さぁ、新学期スタートです!

今日は1学期の始業式ですね。駅は制服の新高校生たちでいっぱい。府立高校は入学式でもありました!

 

あと、4月8日は、お釈迦様の誕生日でもあります。

 

久々に、8時前後に中学生や小学生が道をゾロゾロと歩いています。

 

天気サイコーですね。明け方まで雨が降っていたのでちょうどお湿り具合もいい感じでした。

 

さて、今週は、離任式や身体検査などもあり、バタバタと時間が過ぎます。

 

授業も最初は、先生の自己紹介や、各教科の成績の付け方説明など、授業手前の大切な話。

 

落ち着いて授業が始まるのは来週からでしょうか。

 

今年は、新天皇即位のため、GWの間の休みも27日から数えると10連休です。この間は学校も休みになります。

 

なので、学校行事がツメツメになります。家庭訪問がGW前というのは結構タイトなスケジュールですね。

 

ということで、ゆっくり始動する勉強が急にスピードアップすることがあります。

 

事前にしっかり予習をして、準備万端の4月にしてください。

府立高校入学おめでとうございます!

今日はいい天気でしたね~。

 

桜も満開でまさに入学式日和。

 

入学式の校門風景を撮って送ってと

 

お願いしていたら、すぐに送ってくれた

 

塾生分をアップします。

 

どちらも、地元の人気校。

佐野高校と佐野工業。

 

みんな、おめでとう!

 

 

ご入学おめでとうございます!

昨日が田尻中学、今日は泉佐野市立中学・泉南市立中学の入学式でした。ご入学おめでとうございます。

 

2日とも、晴天で、桜もちょうど見ごろ。入学式にはうってつけの2日間でした。

 

3年間、楽しく、有意義に過ごせることを祈念します。

 

ちょうど、近くの中学で校門前でチラシ配布をしていましたが、例年に比べ、制服のFit感がありました。

 

毎年、男子も女子も「制服に着られてる」という感じが多いですが、今年の印象は、ピッタリしてる感じが強かったです。

 

みんな、似合ってる...

 

年々スタイルがよくなっていくのかな?制服も進化していってるのかな?

 

そんな印象でした。

 

塾関係者もいましたねぇ。多分私が最年長(苦笑)

 

今年は、天皇即位記念祝日での10連休の関係で、4月のスケジュールが結構タイトですね。

 

あわただしい4月がスタートしますが、出遅れないようにしっかりがんばって新生活を送ってください。

今週は「発達障害啓蒙週間」です。

春なのに、めちゃくちゃ寒いですね。日曜に京都に行きましたが、高台寺や二寧坂・産寧坂の枝垂れ桜がとてもきれいでした。

 

今週は「発達障害啓蒙週間」だそうで、二つの観点からとっても大切なことなので、ブログにします。

 

ひとつは、学習塾の観点から。

 

小学校の教室には1クラスに数名の学習障害や発達障害の児童がいると言われています。

怪我ではないので、外からは見えづらく、躾けや親の接し方などとも混同されがちです。

 

原因があいまいなまま、マイナスのことばのシャワーを浴び続けてしまいます。

このシャワーがよくない。人間の持っている、自己効力感(役に立ってるんだ、できるんだ、いていいんだといった気持ち)をどんどん削り取っていきます。

ちょっと、言い方を変えたり、アプローチを変えたり、そして、その子の存在価値を認めたりと接するスタンスを変えるだけで変化することはとてもたくさんあります。

 

また、教え方の配慮、例えば大きく字を書く、タブレット教材を有効に使い、といった教材教具の有効活用、音に敏感な子には穏やかに静かに話す、眼球動作に原因がある子にはノートの配置を注意するなど改善余地は色々あります。

 

そうして、子どもたちに学習性無力感(小さなミスの繰り返しで自信を喪失して、何もやる気がなくなること)を植え付けない、ちょとでも自信を持ってもらえるようにすることが大切です。

 

もう一つの観点は、キャリアカウンセラーの観点です。僕はキャリアカウンセラーとして新卒の就活や社会人の転職に携わっています。(今はあまり活動していないですが現役です)
大人の発達障害には、高学歴で世間的にとてもいい会社に就職しているケースもあります。
社会に出るまでは、大きな損得にはかか割ることはありません。対人関係も自分の好きなコミュニティにいればよかったのでいろんなタイプの人と接することも少なめです。

 

ところが、ちょっとしたビジネス上に失敗やトラブルがトリガーになって自分の特性がマイナスに働くことがあるのです。

 

結果、職場で社会性が保てない、人間関係が悪化する、退職しその後の転職活動がなかなかうまくいかない。

 

困難ケースがいっぱいあります。

 

そんな時に、一番大切なのは、周囲の理解、特に家族の理解が一番の助けになります。社会復帰する上で最も大切と言っていいでしょう。

 

ということで、関連書籍が無料で読める期間限定のサービスがあります。

 

気になる方は、参考にしてください。

 

https://www.shoeisha.co.jp/book/campaign/hattatsu

計算の季節ですね!

そろそろ、計算の季節です。

中1は中学数が野の始まり。正負の数。

中2は、文字式の計算。

そして中3は展開から因数分解。

 

何が大事って、ここはスピードと正確性が求められます。

 

ミスをしないために何が大事か?

 

というと再現性です。

 

同じ種類の問題を同じ方法で解いていく。

それを叩き込んでいくのです。

 

素振りみたいですね。

 

「いい素振り」と「悪い素振り」の話をします。

 

悪い素振りはただ、バットを振るだけ、振る回数をこなすことが目的になっている。

 

いい素振りはボールを打つイメージを持ちながら、バットを振る。より実践に近い。

 

計算練習も同じです。

 

ただ単に、計算するだけで。後は〇付け。あっていても間違っていてもこなすだけ。

 

これじゃ、どこがまずいのか、完璧に仕上げるにはどの癖を治すのか?わからないです。

 

ではなく、計算プロセスをチェックする。

 

同系の問題に対し、同じ順番で答えを導き出しているのか?

 

正解例に対して、自分のミスはどこにあったのか?チェックを怠っていない。

 

その結果、自分のよくやるミスの傾向がわかる。

 

大きな勘違いをしていた原因がわかる。

 

そうすれば、解決方法が見えてきます。

 

そのプロセスを大切にするために、活躍するのが青ペンです。

 

どうも計算が苦手な子ほど、間違えたら消しゴムで消して書きなおしてしまう。

 

間違いは宝です。どこがおかしいか見つけるのもとても大切な勉強法。

 

だって、テストの見直しで、おかしいところをすぐに見つけられるから。

 

だから、消せないようで青ペンを使います。フリクションは使いません。

計算を青ペンで解いて、間違いを赤ペンでチェック!

 

これで、計算はバッチリになりますよ!