教室ブログ

教室の様子、日々雑感、キャリアに関すること、書評など更新していきます。


オフでしたがイベントセミナーへ

土曜は教室の片づけ、日曜はイベントセミナーへ、

 

久々に生徒や保護者さんと接することのない土日でした。

土曜は、先日まであった期末テストの問題を整理したり、生徒のミスのしどころをチェックしたりと、問題の傾向、生徒の性格や塾内授業での理解値とズレを見ながら、「ここはOK,ここはもう一度復習など冬にやるべきことの整理をしていました。

まだ、すべて返却されていないので、そんな生徒は今週に再度分析です。

 

日曜は、塾業界の業界紙さんが主宰されるイベントセミナーへ参加でした。本来は9月30日に会ったのですが、2回目の大型台風と重なり、延期になっていました。

丁度、テストが一段落ついたところで再開の連絡があったので淀屋橋まで出かけました。

 

教材会社さんのブースがあり、教材研究ができました。

動画がQRコードですぐに見れる、リスニングがQRコードからできる、

ますますスマホやタブレットが中学生の勉強にも切り離せない時代になってきています。

2020年からの大学受験の在り方の話。

英語試験の変わり方の話。巷で言われていることの誤解の話。

などなど、いろんな演者の方たちから有益な情報をいただきました。

EdTech(教育のテクノロジー)のイノベーションによる教育の変貌、教える側の変化、教わる側の変化、学びそのものの変化。

 

今、黒船が日本に来た江戸末期と同じような時代の大きな変わり目であるという話をデジタルハリウッド大学の佐藤先生に説明頂きました。

 

とても分かりやすいお話でした。

最後に一番聞きたかったのが、藤原和博さんの講演です。

 

藤原さんは最近まで奈良県立一条高校の校長として奉職されていましたが、橋本知事時代の大阪府知事特別顧問として大阪の教育改革にも携わっておられました。

 

そして、前職のリクルートでの大先輩でもある方です。

 

この講演だけはどうしても聞きたく、以前に買っていた藤原さんの著書をカバンにいれ、前列で講演を聞いてきました。

 

本の内容に沿った分かりやすいお話と、全体を巻き込むトークはさすがです。

 

今後、子どもたちが社会に出てどのように活躍していけばいいのか、生きるための力として何を身に付けるのがいいのかを聞かせてもらいました。

 

そして、最後にちゃっかりと本にサインをいただき、写真も撮らせてもらいました。

 

頭を整理して、面談などを通じて、保護者や塾生へ伝えられるようにしたいと思います。

 

たまには、こんな休みの過ごし方もいいもんですね。

暗記方法~3秒ルール~

「うわぁ~、あめちゃん落としたやつ拾って食いよった~!」

 

「ええねん、3秒以内やから拭いたら食えんねん。セーフ」

 

そうです。落としても汚くない。口に入れてもセーフなのが3秒ルールです。

なんか、子どものころってわけのわからん事やってましたね。

 

テストも一段落しました。

 

テスト前に行っている英単語や漢字・語句ですが、暗記しているかどうかのチェックが大切です。

 

教室内で行うとき、この3秒ルールを意識した、5秒ルールってのを推奨します。

 

さて、「暗記する。」「覚える。」ってどういうことでしょうか?

 

それは「すぐに思い出せる。」ってことなんです。

 

 

 

だから、5秒ルールです。

 

例えば、「犬」という日本語を英語に変える。

 

1・2・3・4・5秒

 

の間に書き出すことができるか?そして10秒以内に書き終えられるか?

 

これは、ストップウォッチを使用しないので、1単語あたりはおおよその感覚です。

 

でも、単語10個を1分で書き終えるなど、すぐに引き出せるかを要求しながら学習していきます。

 

たくさんの問題を限られた時間内で解くテストになると、早く脳から引き出せるかが命です。

 

瞬発力もつきます。

 

試してみてください。

インフルエンザの季節です。

ずーっと、暖かい日が続いていました。

 

「この調子だと、インフルエンザが流行るのはもう少し先だろう。」と思っていました。

 

今週になって、「インフルエンザで塾を休む。」という連絡が何本かありました。

 

こんな暖かかったら、「単発の発症で本格的なのは寒くなるピークの2月ごろかなぁ?受験や試験とかぶらなかったらいいのになぁ。」

 

と勝手に思っていました。

 

今日聞いた話だと、近隣中学の中2のクラスが、インフルエンザで学級閉鎖になったらしいです。

 

暖かくても、潜伏していたんですね。今週末から特に寒くなるので更に注意が必要ですね。

 

冬なのに暖かいと季節並みの寒さになっても、急激な変化を体が感じ、寒く感じます。

 

少しずつ気温に慣れていく例年と大きな違いになっています。

 

体感としてストレスを感じやすい環境なので、その分体調にも注意ですね。

 

個人的にも注意しておかないと、受験時期なので気を使います。

 

教室では、すでに空気中のウィルスを除去する置き型の空中除菌剤を置いています。

そして、生徒が来る前に空気中のスプレー、

 

マウスやキーボドはアルコール消毒して、塾内での感染がないようにしています。

 

そして、マスクを常備しているので、飛沫感染への注意も払っています。

 

塾内感染がないようにしっかり対策を練っています。

 

とにかく、早く収まって欲しいですね。

「まあまあできた、ふつう。」は禁句なんです。

テストが返却される週です。

 

まだ火曜なので、出そろっていません。

 

今日はテスト返却週の塾内の会話、そしてたぶん、各家庭でもあるあるになっているお決まりトークを披露します。

 

挨拶など人取りの会話が終わったとに...

 

私:「ところでさぁ、今回のテスト返却された?どうやった?」

 

生徒:「まぁまぁできた。」

 

私:「そっか、まぁまぁできたか。じゃあ95点前後やな?」

生徒:「えっ、」

 

私:「だって、俺のできたは100点であかんかったは80点台。まぁまぁは90点から95点やもん。だから〇〇もやろ。」

 

生徒:「先生ちゃうって、75点。前よりあがった。」

 

私:「なんや、自分の点数わかってるやん。」

 

生徒:「だって、先生が95点とかいうから...」

 

私:「ふつうとかまぁまぁという言葉は人によって基準が違うってことや。人に伝える場合はお互いにわかる物差しをしっかり作っておかないと今みたいになるで。」

 

子どもたちは、テレがある。正確な点数を言いたくない、その場の取り繕い、いろんな理由があるかもしれません。

 

でも、そこは許しちゃだめな「たわいもない会話」だと思います。

 

なぜなら、自分にしかわからない、他人に伝えようとしない気持ちで会話しているからです。

 

ことばや文章で基準を伝える。数値があるなら数値を伝える。

 

それに対していいかわるいか、まぁまぁなのかという評価を言葉にしていく。

 

そういう積み重ねが、正確な文章を読み書きする力に変わっていくでしょう。

 

といっても、これを家庭であまりしすぎると、親子げんかになる家庭もあるかもしれません。

 

そんな時は、当教室に来てください。

 

そんなやりとりから、国語力のアップにもつなげていきますよ!

お母さん、うで、上げたなぁ。

期末テストが終わりました。

 

今週は結果待ちです。

週末には返却され終わるでしょうか?

 

その後、点数確認や修正があって、

 

成績は来週から学期末面談の時期でしょう。

 

8~9教科の返却があります。

 

平均点などの数値も含めて出てくるのは意外と遅いですね。

 

さて、ここで

 

「前回テストより点数が上がった、下がった。」

 

「数学はよかったけれど、国語が悪い。」

 

「5教科よかったけど副教科が悪い。」

 

「お兄ちゃんと比べたら...。」

 

「〇〇ちゃんは頑張ってるから点数いいで。」

 

こんなワードがついつい出ていませんか?

 

わが子の頑張りに期待するため、

 

「この子はもっとできる子。やり方わからないから点数高くならない。」

 

「もっとテストに集中したらできるはず。」

 

そう思っている親心から

 

ついつい、できていないところをあぶりだすことに力を注いでしまっていませんか?

 

普通にどこの家庭でも、このような会話が親子でされています。

 

これが続くと、子どもの性格によりますが

 

①どこか悪いところを指摘されるから、低めの目標で下回らないようにしよう。

 

②目指すものが高ければ何も言わなくなる親の特性を逆手に取り、目標だけ高くしておく。

(現実はまず、届かない。そこまでの努力はしていない)

 

③うちにこもる子は、無口になる。または、言われたままになる。(そこに自分の意志はない。)

 

④外に出てしまう子は、想像以上に反抗。

 

⑤目線が落ち着かない、何らかのストレスサインがでる。

 

といったことが起こりやすくなります。

 

さて、ここで「お母さん、子どもとの接し方でうで上げたなぁ。」

 

となるために、お勧めの方法が、

 

今度のテストで子供のいいところ10個見つける。

 

なにがいいかって、

 

悪いところ探しは簡単にできるのですが

 

いいところ探しは難しい。

 

そして、いいところを探せれば

 

視点が180度かわります。

 

「お母さん、こんなところまで見てくれてるんや。」

 

と子供が思うようになります。

 

是非試して、「うで上げてください。」

 

12月のロボット教室は大人気ロボ

今月は大人気のロボフィッシュとロボザウルス。

どちらも、動きや完成度の高さ、

 

製作の挑戦の難しさ含めて

 

子どもたちが釘付けです。

 

ロボフィッシュをつくりあげた生徒がひらめきました!

 

「そうだ、魚つくったんやから、釣り竿つくってつりやろう!」

 

ということで、即興で釣り竿を作りました。ちゃんとリールがついています。

 

この「ひらめき力」は大切です。

 

いつも感心します。

 

次回は、この後、

 

リールを手巻きするタイプ、

 

電動リールで糸を巻くタイプ

 

どんな展開になるか楽しみです。

期末テストのAM6:00~3日目最終日~

おはようございます。

今日で2018年の定期テストが終了です。

 

まっ、2学期なので、来年(3学期)がありますね。(笑)

 

さて、昨日も夜遅くまで、今日も朝早くから、

 

頑張る子はとことんやります。

 

夏と違い、寒くて布団を出るのがおっくう、

 

朝もまだ暗いし、家の中は暖かいし、

 

朝から塾へ勉強しにくるのも夏に比べると障壁が高いです。

 

その困難に向かうこと自体が素晴らしい。

 

強い意志が育っていると信じています。

 

さて、最終日の目覚ましMusicは「THE BLUE HEARTS」の「人にやさしく」



定期テスト最終日と受験手前の1月~3月のMY応援ソングのひとつです。

 

マイクロフォンの中から

 

ガンバレって言っている

 

聞こえて欲しい あなたにも

 

ガンバレ!

 

 

僕が言ってやる

 

デッカイ声で言ってやる

 

ガンバレって言ってやる

 

聞こえて欲しい あなたにも

 

ガンバレ

 

 

このフレーズが好きで

 

勝手に応援しています。

 

この曲が、この冬のカロリーメイトの受験応援CMで流れているんですね。

 

受験応援CMは↓

https://youtu.be/bj5Cwo_CZX8

おーっ、「時代が俺に追いついたか!」と勝手に思っています。

 

ガンバレ!

 

期末テストのAM6:00~2日目~

おはようございます。

2学期期末テスト2日目です。

 

今日の写真は昨日と違い、AM7時の写真です。

 

もう明るいですね。

昨日も遅くまで頑張った生徒が

 

今日も朝からテストの確認です。

 

勉強する環境があれば、

 

モチベーションが高くなるんですね。

 

あえて、そういった環境に自分で身を置けるのは

 

自分をコントロールできる力があるということ。

 

早朝開放は強制ではないので、絶対に来る必要はありません。

 

体調や、その日の試験科目、天候や午後の部活のスケジュールなど考えて、自分の意志で決めればいいことだと思っています。

 

自分が何をすることがベストで、決めたことをやれるか?

 

テストで100点とかクラスで1番とか、相手があるものの結果はコントロールできないことがあります。

 

しかし、「自分が起きる」、「朝から塾に来る」は自分自身の行動ですから、「決めたらできること」です。

 

この小さな成功体験が大きな自信の源泉になります。

 

もちろん、直後のテストの勉強をしてるわけなので、記憶量が増え、正答率は高まりやすいですね。

 

その点は、成功体験が増えやすいのも事実です。

 

もう、テスト中ですね。

 

今日のテストも期待しています。

 

お母さんありがとうございます。~期末試験スタートです。

今日から、期末試験スタートです。

 

早朝開放「モーニングセルモ」も

 

3日間、開校です。

 

 

今朝は、さほど冷え込まず、

 

早起きも塾へ向かう自転車も

 

全く苦になりませんでした。

 

教室の中も、昨晩の熱気が残って、

 

暖房不要な状態でした。

 

早朝からテストのために頑張っている生徒たちも偉いですが、それを支えているのがお母さんたち。

 

朝、6時に塾に行く子供たちのために、朝ごはんの用意をしたり、おにぎりを握ったりとサポートしていただいています。

 

本当にありがとうございます。

今朝AM6:00ごろの教室

英語の歌で文法チェック

さぁ、明日から期末テストです。

 

中2はちょうど第4文型がテスト範囲に入ってきます。

 

そう。

 

「give 人 もの」の並びです。

 

これが書き換えで

 

「give もの to 人」になります。

 

テストではよく出るパターンです。

 

【なんでこの曲?】

定期テスト時期は「早朝開放」を朝6時からやっています。

 

もう、7年前か8年前か...いつからやりだしたか忘れてしまいました。

 

朝早いので、寝袋で寝ています。

 

目覚ましは季節や気分で変えています。

 

丁度クリスマスの時期なので、

 

マライヤキャリーの「恋人たちのクリスマス」

 

Wham!の「Last Christmas」

 

などを目覚ましにします。

 

フリが少々長かったですが、目覚ましソングとして

 

この曲をよく聞きます。

 

 

【洋楽が英語好きのきっかけになればいいネ】


この歌詞の冒頭のサビに

 

ちょうど第4文型とその書き換えがあります。

 

 

Last Christmas

 

I gave you my heart

(僕は君に心をあげた)

 

But the very next day you gave it away

 

This year

 

to save me from tears

 

I'll give it someone special

(僕はそれ(こころ)を他の誰かにあげるつもりだ。)

 

代名詞の使い過ぎで例文にはなりにくいですが、

 

季節的にはぴったりです。

 

まだ、ガンガンにクリスマスソングが聞こえてこないのと

 

バックナンバーに押されてか、

 

去年今年の中2中3は洋楽を聞かないのか

 

Wham!のLast Christmasで話が盛り上がらないのが

 

おじさん塾長には少し不満です。(笑)

 

さて、ということで明日は早いので

 

今日はここらで。