~すべては子どもたちの幸せのために~

はじめまして、塾長の青山です。

これまで長年人材育成の現場で仕事をしてきました。

その後20103月にこの教室を開校しました。

人事関連の仕事をしていると、社会に出て通用する人材、伸び悩む人材の違いを痛感します。

 

大半の企業が就活生に求めることとして、「コミュニケーション能力」「主体性がある」「行動力がある」といた脳力を求めます。相手の言うことを理解したり、共感したり、自分のことを理解してもらうことができ、自ら考え動くことができる素養を求めています。単に、知識や資格ではなく、今ある情報をかき集めてそこから推論を立て、行動計画をつくっていける「地頭力」です。

 

そのベースになっているものが、小中学生の勉強やスポーツへの取り組み方であることに気づき、社会人としての基礎力を培うための一助になればと開校いたしました。

「テストの成績を上げる」「学力をつける」は学習塾にとっては当たり前の使命です。

しかし、「勉強ができる」「難関大学へ行く」といったことよりも「幸せに生きる」ためのツールを手に入れることはもっと大切です。

塾の使命である「学力向上」とともに「幸せに生きる」ためのツールを身にまとった小中生を育てたいと思っています。

 

「やりたいことをできるようにする」その結果「新しくやりたいことが目標となる」そしてまた「できるようにする。」この循環をつくることにより「個別学習のセルモ 羽倉崎駅前本部教室」では、生徒さん一人一人が、自分で立てた目標を自分の力で達成する力を養成します。

そのために、学習の結果だけではなく、プロセス(過程)を重視します。

 

生徒さんひとりひとりの個性も学力も違います。

つまずいたポイントを探り、そのポイントに戻り学習いたします。

先に進める学力を伴っている場合は、どんどん先に進むことも可能です。

一時の結果を追うのではなく、真の力を備えるためには、目標を自ら定め、目標を達成するためにどのように進めていくかを考え、実行していく習慣をつけていくことが大切です。学校の成績はそのプロセスで生じる通過点の出来事です。

その履き違いをされていることが多々あります。

「自分にあった学習方法」を身につけることで、成績はどんどんアップしていきます。

社会に出ても役立つ自立力を身につけるために、生徒一人ひとりのプロセスを重視した『真の個別対応』を実現します。