サクラ咲く合格

第一志望合格100%
実力テストでも成績アップ 「無理」と言われた高校も合格

塾生のがんばり

Aさんの場合      4か月で160点アップ

 

成績アップ Aさんの場合

4か月で160点アップ

 1学年末テストで250点を下回ったAさんは、春期講習から入塾。数学・英語の総復習で弱点を見つけ出し、つまずきを無くしてから中2の既習範囲の勉強を行いました。時間のかかっていた数学や英語の勉強時間を効率化でき、テスト前対策で理科や社会もしっかり確認。1学期末では5390点まであがりました。

 

Bさんの場合      6か月で140点アップ

 

成績アップ Bさんの場合

6か月で140点アップ

23学期から入塾したBさんは、入塾前は平均点を下回るテスト結果でしたが、解らない箇所をゆっくり自分のペースで理解をしていき、定期テストででは毎回点数をあげました。1年後の2学期期末では420点に!自分のペースで進められたことが成績アップの要因ですね!

 

Cさんの場合      9か月で150点アップ

 

成績アップ Cさんの場合

9か月で150点アップ

 中2の2学期中間テスト直前に入塾したCさんは、定期テスト200点からスタートし、31学期末テストで念願の350点越えを達成!2学期も350点前後で推移し受験に向けて頑張っています。テストの1週間前からコツコツ自習し、土日の対策補講や、早朝授業で確認をする流れを自分でしっかり作ったことが成績アップの要因ですね!

 


Dさんの場合     目標をはるかに突破

 

成績アップ Dさんの場合

目標をはるかに突破

3手前で入塾したDさんは300350とムラがありました。入塾後の目標は400点越え。部活がある1学期は380点台でしたが、2学期から成績急上昇。448点まで伸びました。部活が終わってからは塾での自習時間が増え、質問の質や量もそれに伴いあがっています。目標と、できる範囲が増えたことで、どんどん貪欲に変化してきました。

 

Eさんの場合     静かな環境で常に安定

 

成績アップ Eさんの場合

集中できる環境で常に安定

 硬式野球をやっているEさんは、中1の中間テスト後に入塾。練習の都合で週1回の通塾ですが、その時に集中して受講。さらにテスト朝6時からの対策早朝授業は野球と重ならなければ毎回参加し、入塾後の定期テストでは40040点をずっとキープ。やはり集中力って大事ですね!

 

Fさんの場合     偏差値が56から70越え

 

成績アップ Fさんの場合

偏差値が56から70越え

 3になるタイミングで入塾したFさんの課題は数学の実力アップ。計算スピードと正確さの練習をした後、通常の宿題以外に難問を出し、できない悔しさと「解法の気づき」を体感し続けてもらいました。徐々に「できる快感」を覚え、難題にもあきらめず自力で解く力をつけ、11月の模試では偏差値が70を超えるところまでアップしました。